川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

川崎市 新ロゴ発表 市政100周年などを見据え

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は今月15日、2020年の東京五輪・パラリンピックや2024年の市制100年を見据えた新しいロゴとメッセージを発表した。同日から使用を開始し、これまで使われてきたロゴ新しいものへと順次差し替えていく。

 市によると、昨年3月からロゴの一新を検討。市民3千人を対象としたアンケートなどを経て、今年3月から4月に4つのデザイン案を示し、意見を公募。最も賛同の多かったデザインを選んだ。

 新ロゴは、多彩な魅力を持つ川崎の多様性を包含するイメージでつくりあげた。川の文字をモチーフとしたデザインで赤、緑、青の三原色で構成している。また、ロゴの下や隣には「Colors, Future! いろいろって、未来。」といったメッセージが添えてある。

 会見で福田紀彦市長は「これからの10年は川崎が飛躍するチャンス。(ロゴを使って)これまで培ってきた歴史、魅力、価値を対外的に発信し、市民のシビックプライド(街への愛着)の醸成につなげていきたい」と力を込める。

 新ロゴは、市政だよりや市職員の名刺、市バス、ごみ収集車の車体、市が発行する冊子をはじめ、市民祭りや区民祭、多文化フェスタといった市関連のイベントで旧ロゴと差しかえて順次使用。

 市によると、民間企業や団体の使用も可能。「まちを元気にする機会。ぜひ相談してもらいたい」とも福田市長は呼びかける。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

県に条例化要請

市民団体

県に条例化要請 社会

ヘイト条例全面施行

7月10日号

感染者増、第2波阻止へ

市内コロナ

感染者増、第2波阻止へ 社会

研究所「PCR拡充も一因」

7月10日号

「新しい観戦様式で」

川崎F

「新しい観戦様式で」 スポーツ

リーグ戦再開 あす鹿島戦

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

短冊に願い、ウェブから

短冊に願い、ウェブから 社会

楽大師 「新しい」七夕まつり

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク