川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

(公財)河川財団 多摩川の刈草を燃料に 循環型社会の構築目指す

社会

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
刈草を造粒機に入れ、ペレット化する
刈草を造粒機に入れ、ペレット化する

 多摩川堤防の刈草をペレット燃料にしよう――。そんな取り組みを2017年から、(公財)河川財団(東京都中央区)と国交省関東地方整備局京浜河川事務所(横浜市鶴見区)が、幸区で共同で行っている。途中から東京国際大学も加わり、将来的には、地域資源として普及させたい考えだ。

 ペレットは、専用のストーブにくべて使う長さ2センチほどの粒状の燃料。通常はおがくずなどの木質を圧縮して作る。

 堤防刈草ペレットは、多摩川の維持管理を行う京浜河川事務所の提案で同財団との共同研究が始まった。多摩川沿川のうち、京浜河川事務所が管理するのは、東京都青梅市から東京湾河口までのおよそ60キロメートル。除草は年2回行われ、1回につき約500万円の焼却処分費がかかるという。同財団では処分費を縮減し、河川管理施設の整備や、河川イベントの充実化に還元したいとの思いがあったという。

 製造にあわせ、有効な活用法も模索。2017年に別団体が実施した大学生向けのまちづくりコンテストで、ペレットの活用アイデアを公募し、東京国際大学の学生の企画を採用した。

 18年には幸区古市場の多摩川交流センター隣に、堤防刈草ペレットの実験施設を整備。今月10日には7回目のペレット製造に取り組んだ。

 地域への普及活動も進めており、9月には市立古市場小学校の児童らを実験施設に招き、ペレットづくり体験を行う。年内には多摩川交流センター内に専用ストーブを設置する予定だ。

 堤防刈草ペレットは、木質ペレットに比べて燃焼時間が短いなどの課題がある。販売にあたって大量生産するには民間の製造業者の協力も必要不可欠で、製品化へのハードルはまだ高い。同財団河川総合研究所の山本嘉昭さんは「地域の方々に取り組みを知ってもらい、河川に親しみを持ってもらえれば」と語る。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

サヨナラ、思い出の鉄塔

川崎中

サヨナラ、思い出の鉄塔 社会

夏休みに解体

2月28日号

南北ヒーロー 頂上決戦

南北ヒーロー 頂上決戦 社会

「タージマン」多摩区に挑む

2月28日号

鉄道のまちをアピール

鉄道のまちをアピール 社会

幸区役所 来年度予算案で

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク