川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

(公財)河川財団 多摩川の刈草を燃料に 循環型社会の構築目指す

社会

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
刈草を造粒機に入れ、ペレット化する
刈草を造粒機に入れ、ペレット化する

 多摩川堤防の刈草をペレット燃料にしよう――。そんな取り組みを2017年から、(公財)河川財団(東京都中央区)と国交省関東地方整備局京浜河川事務所(横浜市鶴見区)が、幸区で共同で行っている。途中から東京国際大学も加わり、将来的には、地域資源として普及させたい考えだ。

 ペレットは、専用のストーブにくべて使う長さ2センチほどの粒状の燃料。通常はおがくずなどの木質を圧縮して作る。

 堤防刈草ペレットは、多摩川の維持管理を行う京浜河川事務所の提案で同財団との共同研究が始まった。多摩川沿川のうち、京浜河川事務所が管理するのは、東京都青梅市から東京湾河口までのおよそ60キロメートル。除草は年2回行われ、1回につき約500万円の焼却処分費がかかるという。同財団では処分費を縮減し、河川管理施設の整備や、河川イベントの充実化に還元したいとの思いがあったという。

 製造にあわせ、有効な活用法も模索。2017年に別団体が実施した大学生向けのまちづくりコンテストで、ペレットの活用アイデアを公募し、東京国際大学の学生の企画を採用した。

 18年には幸区古市場の多摩川交流センター隣に、堤防刈草ペレットの実験施設を整備。今月10日には7回目のペレット製造に取り組んだ。

 地域への普及活動も進めており、9月には市立古市場小学校の児童らを実験施設に招き、ペレットづくり体験を行う。年内には多摩川交流センター内に専用ストーブを設置する予定だ。

 堤防刈草ペレットは、木質ペレットに比べて燃焼時間が短いなどの課題がある。販売にあたって大量生産するには民間の製造業者の協力も必要不可欠で、製品化へのハードルはまだ高い。同財団河川総合研究所の山本嘉昭さんは「地域の方々に取り組みを知ってもらい、河川に親しみを持ってもらえれば」と語る。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

ご当地餃子集め一大祭典

2年ぶり

ご当地餃子集め一大祭典 経済

24、25日 川崎競輪場

8月16日号

盆踊り3千人で踊ろう

富士通スタ

盆踊り3千人で踊ろう 社会

18日、世界記録に挑戦

8月9日号

苦難乗り越え日中繋ぐ

幸区出身猿田さん

苦難乗り越え日中繋ぐ 社会

残留孤児が過ごした75年

8月9日号

洪水対策、ドローン活用へ

川崎市

洪水対策、ドローン活用へ 社会

民間実験に河川提供

8月2日号

境町(さかいちょう)公式呼称へ

さかいまち変更

境町(さかいちょう)公式呼称へ 社会

住民の違和感解消

8月2日号

ご神宝「勅幣」復元

稲毛神社

ご神宝「勅幣」復元 文化

山王祭で使用

7月26日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲見世商店街飲み歩き

21日・22日

仲見世商店街飲み歩き

ハシゴしナイト

8月21日~8月22日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク