川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

登戸事件 事後対応 局単位で検証 市、課題集約し対策反映へ

社会

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
登校時の児童見守り=先月、多摩区
登校時の児童見守り=先月、多摩区

 多摩区登戸新町で児童らが殺傷された事件を受け、川崎市は多摩区と関係部局による臨時の対策会議を7月9日に開いた。局ごとに事後対応を振り返り、検証結果や課題について9月の市議会までをめどに集約する予定。今後の対策に生かしたい考えだ。

 対策会議には多摩区(荻原圭一区長)をはじめ、市民文化局や健康福祉局、消防局、教育委員会の局長級が参加。事件発生後の初動以降の対応について、時系列で検証し、課題を取りまとめる方向性を決めた。会議を主催した市危機管理室は「各局で計画どおり対応できていたか検証し、不足等があれば反映させていく」としている。

見守り担い手不足、高齢化も

 通学路の見守り活動はPTAのほか、地元町会や老人クラブの有志らがボランティアで担うのが実情だ。「行事を通じて近所の顔見知りを増やし、日頃の町会活動を充実させるのが第一」と話すのは、登戸町会連合会の松本英嗣会長。「参加者は70、80代が中心。防犯に限らず、地域活動全体として考える必要がある」とも。町会活動の担い手を確保し体制を整えるためには、後継者不足や高齢化が課題だという。

 市民文化局地域安全推進課では区役所と連携し、各区の町会と情報共有を図る。今回の振り返り検証について「今後の新たな事業展開には至っていない」とする一方、「町会活動は担い手の気持ちで成り立っている。引き続き町会からの意見を聞き、負担を減らすには何ができるか検討していく」との考えを示す。

 町会への関心につなげる一手として、多摩区では9月1日に下布田小学校で行う総合防災訓練を、前泊するキャンプ形式で企画し親子参加を募る。区企画課は「町会活動の担い手になりうる親世代に、防災の視点で地域活動の必要性を感じてもらえれば」と期待する。

 区独自の取り組みとして、多摩区は毎月28日を「子ども見守りの日」と定め、中原区は毎月1日に児童の見守り活動を行う計画だ。市議会では子どもの安全確保や再発防止に取り組む決議を、先月27日の定例会で可決した。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月12日号

身近な危険箇所確認

田島地区

身近な危険箇所確認 社会

「安全マップ」作りで異世代交流

8月5日号

環境型ゴルフティー開発

東京国際大大学生

環境型ゴルフティー開発 経済

多摩川堤防刈草を使用

8月5日号

LGBTQ本を総編集

協同病院吉田医師

LGBTQ本を総編集 社会

医療者へ「学びに役立てて」

7月29日号

ゲームで「孤立」学ぶ

ゲームで「孤立」学ぶ 社会

8月8日 新川崎タウンカフェで

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook