川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する 小林 美由起さん 中原区出身 58歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

目の前の個性と向き合う

 ○…我が子が主演を務めるドキュメンタリー映画「空と、木の実と。」の上映会を都内、大阪、仙台など全国各地で行う。同作では、女性の身体、男性の心を持つ性同一性障害(GID)と診断され、国内最年少で性別適合手術を受けた小林空雅(たかまさ)さんの9年を追う。幸区河原町に長年住んでいた小林さん家族。作中には、空雅さんが通っていた市立御幸中学校や、県立川崎高校が登場する。「性別だけでなく、年齢や立場によって自分らしく振舞えないこともある。自分らしさとは何かを考えるきっかけになれば」

 ○…上映会の会場は、地域のカフェや寺、大学といった教育機関まで様々。行政関係者、学校職員、学生、地域の人など参加者も幅広い。ジェンダーに関して全く知識がない人が上映会に来て「男、女どちらでもない性別という概念があることを初めて知った」と話してくれたこともある。「無理に受け入れてほしいという話ではなく、作品を通じて『こういう人もいるんだ』と知ってもらえたら」と笑顔で話す。

 ○…本業は心理セラピスト。幼少期から家庭環境に苦労してきており、「自分の経験を何か生かせないか」と2014年頃から発達障害やGIDの子を持つ親の相談に乗っていた。学んでいた心理学をさらに深め、16年から本格的にセラピストとして働くことを決意。現在は在住する茅ヶ崎市や県内、都内で活動する。

 ○…「男女」の2文字で区別しきれない、その人らしさや個性があるといい、「全ての人が自分らしく生き生きと元気に過ごせる社会にしたい」と話す。そのために、日本全国スーツケース片手にどこへでも赴き、講演を行うのが夢。「『男女平等』ではなく、いつか『人間平等』という言葉がポピュラーになる時代が来てほしい」と目を輝かせる。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区塩浜在勤 57歳

11月22日号

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク