川崎区・幸区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

ヘイト脅迫年賀状 地域でふれあい館守れ 町会長「看過できない」

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
桜本にある川崎市ふれあい館 市HPより
桜本にある川崎市ふれあい館 市HPより

 川崎区桜本の多文化交流施設「川崎市ふれあい館」に、「在日韓国・朝鮮人をこの世から抹殺しよう。生き残りがいたら残酷に殺して行こう。」と綴られた年賀状が年初に届いた。これを受け、福田紀彦川崎市長は市として被害届の提出を決めた。当初から「川崎市名で告発を」と訴えていた地元町会長は、市によるヘイトクライム(差別に基づく憎悪犯罪)の非難メッセージを歓迎しつつ「地域の問題として受け止めてほしい」と訴える。

 福田市長の発表を受け、市は時期は未定ながらも、被害届提出の準備を進めている。

 「ようやくメッセージを出してくれた。ほっとした」。同館のある桜本1丁目の山口良春町内会長(80)は胸をなでおろした。山口さんは同館に脅迫年賀状が届いたことを報道で知り、いてもたってもいられず駆け付けた。1988年に開館した同館は、こども文化センターと市民館の機能を併せ持ち、日本人と在日コリアンをはじめとした在日外国人が交流する場となっている。町内会館の建て替え工事の際、町内会には快く会合場所を提供してくれた。老人会ではカラオケや踊りなどで頻繁に使用している。「多文化共生の象徴」と山口さんは、同施設を誇りにしている。

 山口さんは昨年末、市で成立したヘイトスピーチに罰金を科す差別禁止条例への当てつけではとの見方を示す。心配するのは日本人と在日コリアンの分断だ。「この地域では日本人も在日コリアンも仲良く暮らしてきた。秋には商店街で『日本のまつり』という多文化共生のイベントも行われている。今回の事件については『俺は知らない』では済まされない問題だ。自分事として受け止めてほしい」。山口さんは近く事件の経過を町内会役員に伝えた後、回覧を行い情報共有を図りつつ、引き続き状況を注視していくという。

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

アートの力で元気を

Colorsかわさき

アートの力で元気を 文化

80人の作品を展示

10月30日号

看護大開設へ認可申請

川崎市

看護大開設へ認可申請 教育

2022年4月開学予定

10月30日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

「やってみたい」後押し

NPO団体

「やってみたい」後押し 社会

東田公園活用で地域つなぐ

10月23日号

「紙ねんど」で文具大賞

「紙ねんど」で文具大賞 社会

久保田社長、喜び語る

10月16日号

「違法駐輪」に困惑

銀柳街

「違法駐輪」に困惑 社会

駐輪場移設が影響か

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク