川崎区・幸区版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

幸区 かこさん身近に感じて 広報紙発行 オブジェも計画

文化

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena
さいわい広報特別号の表紙
さいわい広報特別号の表紙

 幸区は昨年5月に亡くなった幸区ゆかりの絵本作家、かこさとしさん(享年92)を特集した広報特別号を発行した。今後、区内の公共物でのオブジェ制作なども企画しており、かこさんを身近に感じてもらいたいとしている。

 特別号は表紙にかこさんの作品「未来のだるまちゃんへ」の表紙絵を使い、かこさんのプロフィール、幸区内でのセツルメント活動の内容、活動に参加した人が感じた思い、区内のゆかりの場所を示すかこさん直筆の地図などが記されている。

 かこさんは20代の頃、1950年から約20年間、幸区に住み、地域の住民と触れ合いながら生活の向上を目指す社会福祉活動、いわゆるセツルメント活動に力を注いでいた。活動を通じて「大切なことは全て子どもたちから教わった」と語っていたという。「一人一人が自分の好みや判断をもって行動しているということを川崎の子どもたちが教えてくれました」というように、今の川崎市に繫がる多様性の大切さを当時から標榜していた。こうした子どもからの学びが後の作品の土台になり、三角広場(現在の古市場第2公園)での紙芝居で後に絵本になった物も数多くある。

 区の担当者によれば、これまで民間では、かこさんと親交のあった北野書店(幸区鹿島田)による作品展の開催などはあったが、区としてかこさんを取り上げるのは初めて。「かこさんの幸区との繋がりや功績を知ることで、地域の魅力を知り、好きになるきっかけになってくれたらと思います」と思いを語った。

 今後、庁舎内のキッズルームの壁にかこさんの絵を描いて読み聞かせを行ったり、ロビーでの絵の展示会、また、ゆかりの三角広場の壁面にかこさんの絵を描き、キャラクターのオブジェを置くことも計画。「地元由来の偉人を地域の財産として区民の皆様で盛り上げてくれたらと思います」

 先月28日、区内に約2万8千部、新聞折り込みをしたほか、区役所、日吉出張所、図書館、市民館などで配布中。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

2カ所増設で4施設に

認知症疾患医療センター

2カ所増設で4施設に 社会

早期発見、治療へ体制拡充

5月14日号

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter