川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

NPO団体 「やってみたい」後押し 東田公園活用で地域つなぐ

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
公園から地域活性を目指す溝井さん
公園から地域活性を目指す溝井さん

 「東田公園でやってみたいこと、応援します」。そんなユニークなプロジェクトが始動した。イベントを考えているが、様々な課題を抱える団体同士を引き合わせ、新たな催しを作り上げるというもの。主催するNPO法人「姿勢教育の孝心会」(溝井直孝理事長)は「街に一体感をつくりたい」と意気込む。

 「やってみたいができる東田公園まちびらきプロジェクト」と銘打った取り組みは、川崎区役所との協働事業。溝井さんが理事長を務める孝心会は3年前からコミュニティーハウスの管理運営に携わる。溝井さんによると、かねてから公園を使って「盆踊りをやりたい」「クリスマスイベントを開きたい」といった相談が寄せられていた。ただ、「単独で開催するには資金がない」「スタッフが足りない」といった理由から、なかなか実現に至らなかったという。「こうした団体同士をつなぎあわせれば、新たな地域活性につながるのでは」と溝井さんはプロジェクトを思いついた。団体同士をつなぎあわせ、イベントの実行委員会のようなものを立ち上げたり、行政関係との手続きなどのサポートを行っていく。また、商店街や町内会を巻き込んだ取り組みにも着手する。

 公園は川崎駅東口の繁華街の中という好立地。ただ、日中でも酔っ払いなどの姿も見られ、「あまりいいイメージを持たれていなかった」と溝井さん。公園を使った大きな催しも年に1回程度しかないため、このプロジェクトを通じた新たな賑わい効果をも願う。川崎区の担当者も「地域活動を行う上での困りごとの相談窓口や、イベントを通して複数団体をまとめるコーディネーターとなってほしい」と期待を寄せる。

 第一弾として10月31日(土)にはコロナに勝つ体になるために免疫力アップをテーマにした「身体のミカタ」を開催する。また、11月3日(祝)には関連イベントとしてレゲエ・ヒップホップなどストリート文化を発信する「カワサキSTCULFES2020レゲエパーク」が開催される。
 

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

京急川崎駅前に広場案

京急川崎駅前に広場案 社会

市、整備の考え方示す

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月27日号

賀詞交換、紙上で

川崎区

賀詞交換、紙上で 文化

幸区は開催を断念

11月20日号

念願の県大会初V

大師中軟式野球部

念願の県大会初V スポーツ

来年3月 全国大会へ

11月13日号

臨海部活性へ投資促進策

臨海部活性へ投資促進策 社会

市が制度案公表

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク