川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

さいわい歴史の会 川崎大空襲の記憶刻んで 延命寺で慰霊の会

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
慰霊碑に手を合わせる参加者
慰霊碑に手を合わせる参加者

 米軍のB29爆撃機200機が川崎を襲った「川崎大空襲」から76年の4月15日、幸区都町の延命寺で、さいわい歴史の会(並木章会長)による「慰霊の会」が執り行われた。並木会長は「戦争の悲惨さや平和の大切さを語り継いでいかなければならない」と話す。

 当日は同会メンバーを中心に10人程が参加。供養塔と慰霊碑に線香と花を手向け、手を合わせた。石碑には159人の犠牲者の名前が刻まれている。並木会長は「石碑の字は時とともに薄れてしまっている。記憶にはしっかり刻んでいかないと」と思いを述べた。

 川崎大空襲の罹災者は10万人を超え、都町の死者は200人にのぼる。現在の都町交差点にあったロータリーが当時、避難場所に指定されていたが、同所が爆撃を受けたことで多くの人が犠牲となった。「照明弾が投下され、昼間のように明るくなったと聞いている」と並木会長。遺体の多くは戸板に乗せて延命寺に運び込まれた。憲兵が穴を掘って土葬しようとしたところを当時の住職が制止し、隣の風呂屋の材木を燃料に、三日三晩かけて荼毘に付したという。その際、身元が分かる人の名前を書き留め、空襲から2年後に慰霊碑に名前を刻んだ。

 同会は毎年、慰霊の会に合わせて被災者に体験談を語ってもらっているが、高齢化などにより区内の語り手も少なくなっているという。今年は東京大空襲を経験した二瓶治代さん(84)を招いた。並木会長は「幸区は新住民も多い。この地域がどのような歴史をたどってきたか伝えていくことが必要」と話した。

「本当のことを知る努力を」

 慰霊の会で二瓶さんは被災時の様子を赤裸々に語った。当時8歳だった二瓶さんは空襲の前日、友達と「戦争ごっこ」をして遊び「また明日」と約束して別れたという。「その約束は果たされなかった。友人とはもう会えませんでした」と静かに語った。東京が火の海に包まれ、生きながら焼かれていく人の姿は今でも目に焼き付いている。

 二瓶さんは両親、妹とはぐれ、炎から逃げ惑う人の中に埋もれた。気付いた時には折り重なるやけぼっくいのようになった遺体の中から父親に助け出された。「こんなになっちゃった」。ただ一言、そう感じたという。

 二瓶さんは「どんなことがあっても戦争だけはしてはいけない。当時は言葉を奪われ、表現を奪われ、だまされてきたことで戦争に向かってしまった。若い人には本当のことを知ろうとする努力をしてほしい」と話した。加えて「子どもや孫が平和な時代に当たり前の生活を送れる時代が続くことを願っています」と締めくくった。

体験を語る二瓶さん
体験を語る二瓶さん

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

「仮装かかし」で地域活性

鹿島田・新川崎住民有志

「仮装かかし」で地域活性 文化

ハロウィーン企画に一役

10月1日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook