川崎区・幸区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

大師・田島支所 オンライン手続き支援 市、実施方針を策定

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
活用法が検討される大師支所
活用法が検討される大師支所

 川崎市は5月27日、機能再編や建て替えが予定されている川崎区役所、大師・田島支所の計画の具体的な内容を示す「実施方針」を公表した。手続きのオンライン化に伴う市民の不安を解消しようと、両支所でのサポート体制の検討が新たに盛り込まれた。

 市は2月に実施方針案を策定。案には支所や地区健康福祉ステーションで担っていた戸籍、マイナンバーの届け出や児童家庭支援、高齢者・障害者支援、生活保護などの窓口を区役所に一元化することが示されていた。これに伴い、高齢者や区役所まで足を運びにくい人などのために支所でのオンライン手続きや、区役所とつなぐ相談環境を整備することなどを盛り込んだ。

 市は2月17日から3月23日までの期間、市民意見募集(パブリックコメント)を実施。市民からは「デジタル世代でない方は非常に困ると思う。オンライン手続きを手伝ってくれる人を一定期間配置するべき」といった声が寄せられた。

 これを受け、市は実施方針に「オンライン手続・相談を行う市民をサポートする対応について検討する」ことを新たに明記。市民文化局担当者は「具体的な方法については検討段階」というが、支所にオンライン手続きを支援する職員を配置することなどを想定しているという。

 市は今後、システムの改修などを進め、2023年度中を目途に機能再編を実施する。

窓口体制見直し認知は2・5%

 川崎区役所が昨年実施した「区民アンケート」では、区役所・支所の機能・体制の見直しについて「全く知らない」が75・2%を占め、「よく知っている」と回答した人は2・5%にとどまった。支所の建て替えについては「全く知らない」が62・9%だった。

 取り組みの認知度が低いことに対し、担当者は「コロナ下で回覧などができず広報手段が限られているが、より具体的に分かりやすい言葉で市政だよりやウェブサイトで周知していく」と話す。

 7月には支所をどう活用していくかを具体的に検討するため、地域活動団体らから意見を求める場を作るという。担当者は「お試しで支所を使ってもらい、よりリアルな声を聞いていきたい」という。今後、参加団体を公募する予定だ。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

オンライン手続き支援

大師・田島支所

オンライン手続き支援 社会

市、実施方針を策定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

宮前小避難に疑問の声

川崎区内町内会

宮前小避難に疑問の声 社会

「近くの競馬場が現実的」

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修

6月4日号

「南口改札」に期待感

カワサキデルタ開業

「南口改札」に期待感 社会

地元商連、JRへ要望継続

5月28日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter