川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

幸警察署 事故・詐欺防止へ連携 第一生命、外郭2団体と協定

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする佐々木会長、山本支社長、横田署長、中川会長(左から)
協定書を手にする佐々木会長、山本支社長、横田署長、中川会長(左から)

 交通事故や詐欺被害防止に向けた啓発活動を強化しようと、幸警察署が第一生命(株)川崎支社と連携した取り組みを始める。外郭2団体を含めた4者による協定を11月12日に締結。同社の外交員らが顧客訪問時にチラシを配るなどしてより広く情報発信していく。

 協定を結んだのは、幸警察署(横田和道署長)、第一生命(株)川崎支社(幸区堀川町・山本伊知郎支社長)、幸防犯協会(佐々木靖二会長)、幸交通安全協会(中川潔会長)。警察・防犯・同社での3者協定は市内でも例があるが、交通安全協会を含めた4者連携は神奈川県内初となる。

 コロナ禍でキャンペーンや町内会自治会への講話などの機会が減少し、同署が啓発に苦戦する中、地域貢献の一環として第一生命から協力の申し出があった。12日、同署で行われた締結式で横田署長は「犯罪被害や交通事故の未然防止に大きな一歩。大変心強い」とあいさつ。山本支社長は「幸区は支社の所在地。より地域に根差し、安全安心のまちづくりを共に進めていければ」と意欲を見せる。

 同署や各団体が作る防犯チラシやグッズを保険外交員が戸別訪問時などに顧客に手渡す。同署は随時、詐欺の手口や事故発生状況などを同社に提供することでより即時的に住民に情報を発信し、事故や犯罪被害を未然に防ぎたい考えだ。

官民一体で態勢強化

 幸警察署管轄内の1月からの交通事故発生件数は、10月末時点で227件(前年比13件増)。中でも自転車事故が78件(同13件増)で全体の3割以上を占める。交通安全協会の中川会長は「日ごろから自転車事故防止に向けて活動しているが、いまだマナーを守らない人も多い。より一層の啓発が必要」と話し、官民一体での取り組みに期待を寄せる。

 横田署長は「市民の安全を守るためにも、住民に直接働きかける機会が増えるのはありがたい」と話した。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook