川崎区・幸区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

幸区在住榊原さんら 政策コンテストで優勝 子どもの進路等、AI活用

社会

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
左から内田さん、溝口さん、戸川さん、榊原さん
左から内田さん、溝口さん、戸川さん、榊原さん

 大学生らが未来の自治体を創造し、実現のための政策提案を競うコンテスト「未来自治体全国大会2022」が先月行われ、早稲田大学3年の榊原康平さん(21)=幸区在住=ら4人のチームが優勝した。全国850チームの中から、AIを生かしたアプリなどで、子どもたちの悩み等の発見・ケアにつなげ、進路等に活用する政策が評価された。

 同コンテストを主催したのは、若年投票率の向上を目標に活動するNPO法人ドットジェイピー。30年後の自分たちのまちのビジョンを思い描き、それを実現するための10年後の政策と予算案を立案。日本一住みたいまちの最優秀プランを競い合うものだ。

 榊原さんは、横浜市の県議会議員のインターンシップで出会った法政大学4年の戸川由聖さん(21)=横浜市在住=、同大3年の溝口真央さん(21)=麻生区在住=、同大1年の内田凌平さん(18)=横浜市在住=の4人で参加。

 立案したのは3つの政策。一つ目は、体調や成績などをアプリに入力し、「誰にも話せない悩み」などをAIが発見。特性・趣向・適性なども分析し、進路や人間関係に選択肢を持たす「日記カルテ」。二つ目は、別の教育機関に通えるダブルスクールを導入し、学びの場を増やす「どこでも母校」。三つ目は、日記カルテを活用し、恋愛や友人、学校、就労先など、より多くの選択と可能性を提示する「未来マッチング」だ。

2カ月かけて立案

 「政策の根本にあるのは子どもたちのドロップアウトを防ぐこと。そして明るい未来に向かっていけるものにしたかった」と戸川さん。4人で話し合い、議員らのアドバイスを受けて2カ月かけてまとめた。

 地域ごとに行われた予選、準決勝を勝ち上がり、3月20日にオンラインで行われた決勝に進んだ。榊原さんは「多くのチームが今取り組む内容の政策だった。我々の10年〜30年先を見据えた独自性ある政策が評価された」と振り返り、視聴者の最多得票で優勝を決めた。溝口さんは「優勝できてうれしい。協力、アドバイスをいただいた方々に感謝したい」と声を弾ませた。

 今回の大会を振り返り、内田さんは「良い経験ができた」と充実感をにじませる。溝口さんは「0から1をつくる経験はなかなかできない。今回学んだ『捨てる勇気』『突き抜けた発想』という考え方を生かして社会に出ていきたい」と今後の抱負を語った。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ミニカー撮影、ごみ背景に

川崎区浅田神領さん

ミニカー撮影、ごみ背景に 社会

ポイ捨て防止呼びかけ

6月24日号

富士通スタを「青く」

川崎F

富士通スタを「青く」 スポーツ

U-18最高峰の大会で

6月24日号

ハワイ文化でエコ伝える

幸区ゆかりの姉妹

ハワイ文化でエコ伝える 社会

7月2日、殿町でイベント

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

観光研究会を発足

川崎商議所

観光研究会を発足 経済

市制100年、インバウンド見据え

6月10日号

「理想の幸」綴り披露

一日区長

「理想の幸」綴り披露 社会

50周年事業、区「実現へ」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook