川崎区・幸区版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

川崎区桜本 新しい福祉拠点始動 「みんなの家」 孤立、貧困対策

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
教会と地域交流スペースが併設された新会館
教会と地域交流スペースが併設された新会館

 川崎区桜本に完成した在日大韓基督教会川崎教会に、新たな福祉の拠点「みんなの家」が設けられ、4月21日と22日には、内覧会が行われた。社会福祉法人青丘社(三浦知人理事長)は、同法人が展開する様々な福祉事業をつなぎ、地域の高齢者や障害者らの孤立や貧困を防いでいきたいとしている。

 同施設は、老朽化した旧川崎教会の建て替えで、昨年4月から工事が行われてきた。建て直しにあたり、設立主体の川崎教会は地域交流の場を併設した施設を構想。同法人がその呼び掛けに応じ、両者で地域拠点づくりを進めてきた。

 建物面積は821平方メートル、地上4階建ての鉄筋コンクリート造。このうち1階には「ウェルカムスペース」として、地域の人が気軽に交流できるスペースが開設された。同施設に隣接する桜本商店街にこれまで事務所を構えていた「地域活動センターマナ」が移転し、ウェルカムスペースの運営に携わる。桜本保育園や、桜本商店街の一角などで行われてきた子ども食堂や食材を無料で配布するフードパントリー活動も同施設で開催する。2階は、高齢者デイサービスや外国につながりのある子どもたちへの学習サポート教室が行われる。3階は、教会の礼拝堂や集会室が設置。集会室では、在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」や高齢者識字学級「ウリマダン」などが開かれる。

 三浦理事長は「これまで手探りでやってきたことを、コミュニティーワークとしてつなげていき、人間が幸せに生きる福祉の原点に切り込みたい。その拠点が新しい会館である『みんなの家』だ」と意義を強調。「高齢者がいつまでも地域交流を続けられるような開かれたデイサービスなど、生きづらさを抱えてきた人たちが居場所として利用してもらえるよう取り組みたい」と意気込みを示す。

デイサービスを受ける高齢者
デイサービスを受ける高齢者

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ミニカー撮影、ごみ背景に

川崎区浅田神領さん

ミニカー撮影、ごみ背景に 社会

ポイ捨て防止呼びかけ

6月24日号

富士通スタを「青く」

川崎F

富士通スタを「青く」 スポーツ

U-18最高峰の大会で

6月24日号

ハワイ文化でエコ伝える

幸区ゆかりの姉妹

ハワイ文化でエコ伝える 社会

7月2日、殿町でイベント

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

観光研究会を発足

川崎商議所

観光研究会を発足 経済

市制100年、インバウンド見据え

6月10日号

「理想の幸」綴り披露

一日区長

「理想の幸」綴り披露 社会

50周年事業、区「実現へ」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook