神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

ウエインズトヨタ神奈川 子ども食堂の課題解決へ 食料を一時保管

社会

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
寄付された食料と関係者
寄付された食料と関係者

 自動車販売の「ウエインズトヨタ神奈川」が、店舗の空きスペースを、子ども食堂へ寄付される食料の一時保管場所として提供している。現在7店舗が協力し、今後さらに2店舗も取り組みに参加する予定だ。11月24日には川崎区の川崎日進店(鶴見哲也店長)で保管している食料を子ども食堂に配る作業が行われた。

 子ども食堂を巡っては、食料の寄付が増える一方、寄付された食料の保管場所が確保できないことが課題の一つになっている。こうした中、同社が一時保管場所として店舗の空きスペースの提供を申し出た。オフィシャルパートナーを務めるサッカーJ1・川崎フロンターレが昨年8月から、本格的に「かわさきこども食堂ネットーワーク」への支援を開始。その活動に賛同し、スペースを提供することになった。同ネットワークを通して、寄付された食料を各子ども食堂へ受け渡す際の拠点となっている。

 支援に参画するにあたり、小田原市で栽培され、同社が流通の支援や田植え、稲刈りを行う「めだか米」を同ネットワークへ寄付。11月24日には川崎区の川崎日進店で、同じく川崎フロンターレのパートナー企業であるロッテから寄付された「コアラのマーチ」と「キシリトールガム」とともに、近隣の子ども食堂へ贈った。

 子ども食堂の関係者からは「土日でも食料を受け取ることができ、駐車スペースが十分に確保されている点などが作業の円滑化に繋がる」と喜びの声が寄せられている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

カワスイ、水族館に学校

カワスイ、水族館に学校

4月開校 飼育人材育成

2月23日

5月開局へ向け準備

FM大師

5月開局へ向け準備

「川崎区を元気にしたい」

2月23日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

川崎でもライドシェア

神奈川県タクシー協会

川崎でもライドシェア

方針決定、4月から開始

2月16日

第3子保育無償 全世帯で

川崎市

第3子保育無償 全世帯で

新年度から減免条件撤廃

2月9日

「多文化共生ミュージアムを」

おおひん地区

「多文化共生ミュージアムを」

市民有志が呼びかけ

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook