さがみはら中央区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

大野北中水泳部 チームワークで全国3位 個人4位、リレー2位など快挙

教育

生徒、顧問の先生、保護者が一丸となってメダルを掴み取った
生徒、顧問の先生、保護者が一丸となってメダルを掴み取った

 先月21日から3日間、大阪府立門真スポーツセンターで開催された全国中学校水泳競技大会で、神奈川県代表として出場した大野北中学校水泳部が総合3位など快挙を成し遂げた。

 同部は男子50m自由形、メドレーリレー、フリーリレー、女子メドレーリレーに出場。そのうち50m自由形の高橋一貴くんが4位、フリーリレー(五十嵐洸平くん、杉村大樹くん、山口幸村くん、高橋一貴くん)で2位、男子総合で3位に食い込む好成績を収めた。

 昨年も全国大会に出場したが、思ったような成績が残せなかった同部。当日は大舞台でのプレッシャーから「めちゃめちゃ緊張した」(山口くん)ものの、試合に出ないメンバーからのメールや電話の激励が精神的な支えになったという。普段からモットーにしている「チームワーク」が結果につながったようだ。

 試合後、五十嵐くんは「メダルを取れて嬉しいけど、やっぱり少し残念」とリレーの0.5秒差に悔しさをにじませた。キャプテンとしてチームを引っ張り続けた高橋くんは、1日に行われた全校朝礼で表彰され「自分の結果は部員のおかげです」と最後まで周囲への感謝の気持ちを忘れなかった。顧問の青野武士先生は「公立校でここまでこれた生徒たちは本当に素晴らしい。最後は気持ちが勝負を左右するということを教えてもらった」と、教え子たちに惜しみない賛辞を送った。

 3年生は引退となるが、これからは新部長・杉村くんを筆頭に再び全国大会をめざす。先月28日に行われた県の新人戦では女子が総合優勝するなど、同部の今後の活躍がさらに期待できそうだ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク