さがみはら中央区版 掲載号:2014年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

今年1月から神奈川医療少年院長を務める 田中 徹さん 小山在住 57歳

地域と歩む院へ 責務全う

 ○…今年1月、知的障害などへの対応や矯正教育を行う同院の院長に就任。群馬の施設からの急な異動だったため、戸惑いはあったが、以前首席専門官として同院に在勤していたこともあり、同じ場を受け持つことは嬉しくもあった。ハンデを持つ生徒が多い同院。嬉しさの反面、生徒への配慮を必要とするなど院長としては様々な思いが入り混じる中での出発だった。

 ○…大学卒業後、少年院教官に。はじめは教師の道も考えたが、少年院の方が多様な面で教育に関われると思い、選択した。くしくも父親も少年院に勤務。結果的に同じ道へと進んだ。生徒たちを矯正し、社会復帰をめざす中、院内ルールを破られた際は落胆することもあった。それでも「いつかは立ち直ってくれる」と信じ、辛抱強く教え続けた。兄貴分で時には親替わり。課程を終え、出院前の面接の際、院で何を教わったのかを生徒に振り返ってもらう時間が一番の楽しみだ。「教えてきて、本当に良かったと思える時間ですね」

 ○…最近はスポーツクラブと家庭菜園が息抜き。クラブでは水泳にエアロビクスまでこなす。「運動不足だから」と謙虚だが、もともと体を動かすのは大好き。大学時代はブルース・リーに憧れて少林寺拳法に励んだ。当時感銘を受けた言葉「力愛不二(りきあいふに)」(力と愛は双方を調和・統一させ行動の規範とすべき)は今も座右の銘として胸に刻む。

 ○…少年院が抱える閉塞的な側面が、更生の妨げになっていると痛感する。だからこそ、7月の盆踊りや参観などで今後は地域に開かれた院の運営に注力する方針だ。加えて生徒一人ひとりを尊重し、特性に合わせた教育にも着目。発達上の課題を持つ生徒が増える昨今、生徒に対し柔軟な姿勢で教育し、復帰後の職場、帰る場所の道筋を付け、出院後もケアにあたるなどの重責を全うする覚悟だ。「生徒が社会に出て困らないようにするのが務め」。全力で生徒を導き、送り出す。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

佐栁(さなぎ) 慶さん

4月に障害者サッカーチームを発足させるNPO法人アクティブスポーツで副理事長を務める

佐栁(さなぎ) 慶さん

3月15日号

山本 悟さん

水彩画の作品展を通じ相模原市へ寄贈を行う

山本 悟さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク