さがみはら中央区版 掲載号:2015年8月27日号
  • googleplus
  • LINE

相模原クラブが準優勝 関東クラブ選手権県予選

スポーツ

(右)一時逆転の適時二塁打を放った田山知幸選手、(下)10月に山梨県知事杯に挑む選手たち
(右)一時逆転の適時二塁打を放った田山知幸選手、(下)10月に山梨県知事杯に挑む選手たち
 第8回JABA関東クラブ選手権大会神奈川県予選の準決勝・決勝が16日、サーティーフォー相模原球場で行われ、田名の社会人野球チーム・相模原クラブ(藤田眞三代表)は、決勝で横浜金港クラブに3対4で敗れ、惜しくも優勝を逃した。

 準決勝で全川崎クラブに8対7で打ち勝ち、決勝に挑んだ同クラブ。試合では7回にベテラン田山知幸選手が適時二塁打を放ち、一時横浜金港クラブを逆転するも、8回に追いつかれ、9回には四球、ヒット、エラーで力尽きた。

 岩永一志監督は「最後は力負けだった」と振り返る一方で、田山選手の活躍に加え、若手の吉良圭輝選手、難波康大選手、広谷達也投手などの名前を挙げ、「若手が台頭してきたことが収穫」と話した。

 今大会の準優勝で、同クラブは10月に開催される山梨県知事杯の出場権を獲得した。岩永監督は「若手選手はまだまだ伸び代がある。練習で個々の力を伸ばし、総力戦で戦っていきたい」と意気込んだ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク