さがみはら中央区版 掲載号:2018年1月25日号
  • LINE
  • はてぶ

東京五輪カナダボート 相模湖で事前キャンプ 地域活性化に地元は歓迎

スポーツ

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、カナダボートチームが相模湖を拠点に事前キャンプを行なうことを決定した。これを受けて20日、県立相模湖漕艇場(与瀬)で、カナダボート協会(以下RCA)、日本ボート協会、神奈川県、相模原市の4者で覚書締結式を実施した。地元では「地域活性化の起爆剤になる」と歓迎ムード一色になっている。

 相模湖漕艇場は、トレーニング室や研修室も備えた県立のボート競技場。1955年、第10回神奈川国体の漕艇競技会場として開場し、64年に行われた前回の東京オリンピックでは、大会会場として使われた歴史がある。97年のかながわ・ゆめ国体の際に再整備され、現在は1000mコース6レーンが整備され、各種ボート大会が行われている。そうした歴史を踏まえ、2015年8月に相模湖商工会、相模湖観光協会、相模湖自治会連合会など地元の6団体は、加山俊夫市長に既存施設を活かした「ボート競技の事前キャンプ地誘致についての要望書」を提出した。16年にカナダオリンピック委員会やRCAがキャンプの候補地として相模湖を訪れ、以降視察や関係者との協議を継続。昨年10月に相模原でキャンプを行ないたい旨の連絡があり、今回の締結となった。

 カナダチームはオリンピックで毎回メダル獲得者を出す強豪チームで、選手30人程にスタッフなどを含めた50人程度がキャンプを行なうことが想定される。今後は19年3月までに、キャンプに係る費用負担、使用施設、実施期間、参加人数などの詳細を詰めていく予定だ。

相模湖に「レガシー」を

 締結式には加山市長をはじめ、日本・カナダ両ボート協会などが出席。加山市長は25年来、カナダ・トロント市と友好都市関係にある点に触れ「今回のキャンプを機に、今後もさらに相模原とカナダの交流が活発になることを願いたい」と挨拶。これを受け、カナダボート協会のイアン・ブランベル強化部長は「今回の締結がオリンピックに向けた重大な一歩になる。この相模湖にレガシーを残していきたい」と話した。併せて県からは、現行のボートコースを国際級の競技に対応できる2000mコースに改修し、恒久的な施設にすることも発表された。

 一方、カナダチームを迎える地元の山本俊雄相模湖商工会長は「地域の関連団体と連携し、ボート競技の事前キャンプ地としての誘致活動に取り組んできたが、今回の締結にあたり神奈川県・相模原市をはじめ関係機関の方々のたゆまないご努力の賜物と深く感謝している。これを契機として、相模湖周辺がボート競技の新たな拠点となり、地域活性化の起爆剤になるよう、地域一丸となって受け入れ態勢を準備してまいりたい」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「生きた化石」北里大に

風しん患者 4年ぶり報告

相模原市

風しん患者 4年ぶり報告

10月25日号

「パラスポ祭典」で共生啓発

若者集う「映える」西門に

初のコラボレーション

ノジマステラ×タウンニュース

初のコラボレーション

10月11日号

車パンク被害100台超

上溝2・3丁目付近

車パンク被害100台超

10月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月25日号

お問い合わせ

外部リンク