さがみはら中央区版 掲載号:2018年3月29日号
  • LINE
  • hatena

リード守れず逆転負け SC、セレッソに惜敗

スポーツ

 サッカーJ3の地元クラブ・SC相模原(西ヶ谷隆之監督)は25日、セレッソ大阪U-23とアウェーで対戦し、1対2で敗れた。

 開幕からの2試合をそれぞれ引き分けで終えているSC。好調なセレッソを相手にリーグ初勝利を飾るべく、大阪へと乗り込んだ。

 試合は前半16分、相手にボールを奪われたSCがセレッソのカウンターを受けるも、相手のシュートミスに救われる。一方のSCも、18分に左サイドのクロスからMF千明聖典が強烈なボレーシュートを放ったが枠をとらえきれず。前半はスコアレスで折り返した。

 迎えた後半、SCは70分にFWジョン・ガブリエルがヘディングでゴールを脅かすと、その3分後にはMF北井佑季がPKを獲得。これは相手GKに止められるも、79分、右サイドのクロスに北井が頭で合わせ、待望の先制点をあげる。好調の北井はこれで3試合連続ゴールとなった。

 初勝利へ向け逃げ切りたいSCだったが、リードを守り切れない。87分、フリーキックから相手に同点弾を許すと、90分にはドリブル突破からロングシュートを決められ、試合終了。白星が遠いSCは2分1敗(1試合未消化)でリーグ最下位となった。西ヶ谷監督は「選手たちは良くやってくれた。次はホームなのでしっかり準備したい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク