さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

五月の空に「翠風(すいふう)」ふわり 相模の大凧まつりに17万人

文化

 ゴールデンウィーク期間中の相模原市内の一大イベント「相模の大凧まつり」が、4日と5日に相模川新磯地区河川敷で開催された。主催する同まつり実行委員会によると、2日間で延べ17万人が来場。大凧が空に舞い上がるたびに、各会場で歓声が上がった。

 晴天に恵まれた両日だったが風の流れが読みづらく、会場中で最も大きい新戸会場の8間凧(14・5m四方)は4日が1分15秒、5日が15秒ほどの滞空時間となった。各会場では和太鼓やよさこいなどの催しもあり、上磯部会場には早稲田大学男子チアリーディングチーム「ショッカーズ」が登場。アクロバティックな演技と爽やかな笑顔で観客を魅了していた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク