さがみはら中央区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

向陽小 育てた野菜を収穫 「若あゆ」で食農体験

教育

育てたキュウリを手に笑顔の児童(同施設提供写真)
育てたキュウリを手に笑顔の児童(同施設提供写真)
 向陽小学校の5年生122人が6月26日、相模川ビレッジ若あゆの農園で栽培した夏野菜を収穫した。

 子どもたちに野菜の植え付けから収穫・調理までを体験してもらい、食べ物に感謝する心を育もうと同施設が企画した食農体験。市農業協同組合の協力も受け、毎年市内の小学生を招いて行われている。

 この日収穫した野菜は5月に児童らが植え付けたもので、キュウリやトマト、ピーマンなど。野菜は約2カ月の間に大きく実り、キュウリのとげに四苦八苦する児童も見られたが、賑やかな様子で収穫に励んだ。お昼には採れた野菜を材料に野外炊事場でカレーを作り、舌鼓を打った。収穫に参加した児童らは「暑くて大変だったけど楽しかった。自分で頑張って作ったので大事に食べようと思った」と目を輝かせていた。同企画は冬にも行われる予定だ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク