さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

相模原BC 「中学生の甲子園」に初出場 巨人軍主催の全国大会

スポーツ

野村教育長を囲み、ガッツポーズの選手たち=7月25日、相模原市役所
野村教育長を囲み、ガッツポーズの選手たち=7月25日、相模原市役所

 プロ野球・読売巨人軍が主催する「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」に、市内で活動するヤング相模原ベースボールクラブ(沼田明幸会長)が初出場する。7月25日には沼田会長や選手が市役所を訪れ、野村謙一教育長に出場報告を行った。

 同大会は1994年に読売巨人軍創設60周年を記念してスタート。国内の中学硬式野球組織からチームを募り、毎年8月にトーナメント大会として開催されてきた。各組織による唯一の交流大会としても注目され、2007年からは「中学生の甲子園」を目指し、日本野球連盟公認の全国大会となっている。北海道・東北・北信越・関東・東海・近畿・中国・四国・九州の9地域の予選を勝ち抜いた、全32チームが日本一を争う。

10年来の念願

 ヤング相模原ベースボールクラブには現在、相模原市・町田市の中学生57人が所属。南区内で週に5日間、練習に励んでいる。現3年生は創設10期生。今回、神奈川県内の厳しい予選を勝ち上がり、初めて同大会への出場権を手にした。

 市役所を訪れた沼田会長は「中学硬式野球のチームにとって1番の目標となる大会。発足以来の念願が叶い、チーム全体が盛り上がりを見せている」と笑顔で野村教育長に報告。清水響主将も「相模原市で野球ができることを誇りに思い、県代表として3年間の成果を全て発揮したい」と力強く抱負を語った。

13日に開幕

 同大会は8月13日(月)から17日(金)まで、読売ジャイアンツ球場など東京近郊の野球場で開催され、決勝戦は東京ドーム。ヤング相模原ベースボールクラブの初戦は13日正午から、朝霞中央公園野球場(埼玉県)で九州地区代表の浦添ボーイズ(沖縄県)と戦う。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

手筒花火と「音姫」  観客魅了

「二度と起こしてはいけない」

戦後73年 述懐 あの時、私は─ 最終回(全3回)

「二度と起こしてはいけない」

8月16日号

チーム一丸での優勝誓う

「日々の成長に驚き」

子育て中の保護者に聞く

「日々の成長に驚き」

8月16日号

創業期支えた「相棒」店頭に

就職説明会に120人

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク