さがみはら中央区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

小林悠選手の「贈物」に歓喜 麻布大附校サッカー部

スポーツ

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
小林選手から贈られたスパイクを手にする同部の部員たち=同校提供
小林選手から贈られたスパイクを手にする同部の部員たち=同校提供

 淵野辺に校舎を構える麻布大学附属高校のサッカー部にこのほど、同部の卒業生で日本代表でも活躍する小林悠選手(川崎フロンターレ所属)から部員全員分のスパイクが贈呈された。

 小林選手から同部へのスパイクの贈呈は3回目。これまでも忙しい練習などの合間を縫い、同じく同部の卒業生で同級生の太田宏介選手(FC東京所属)と母校の後輩を激励に訪れるなど交流を続けている。今回贈呈されたのは小林選手が個人契約を結ぶメーカーのスパイク約60足で、1・2年の部員全員分。シーズン開幕前で、小林選手は練習が忙しく直接同校を訪れることはできなかったが、同部の石井孝良総監督を通じ、憧れの卒業生からサプライズでスパイクを受け取った部員は喜びの声を上げたという。

「努力を見習ってほしい」

 小林選手が同部で活躍していた時、現場で指揮を執っていたのが石井総監督。当時の小林選手について「身体は小さいが、技術には秀でており、そして誰よりも練習に励み自らの夢に向かって努力していた」と石井総監督。今でも連絡を取り合い活躍を見守っているという。石井総監督は「こうした機会を通じ、彼が重ねてきた努力を見習い練習に励んで欲しい」と部員に期待を寄せた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク