さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

地酒「てるて姫」令和仕様に 相照会が企画、市内店舗で販売

文化

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

 市内の酒販店主で構成される「相照会」(田所秀一郎代表)が、相模原の地酒「てるて姫」の新元号を祝した特別仕様品を製造した。

 「てるて姫」は1999年に同会が相模原の名産として発案。当時は田名の望地弁天キャンプ場の田んぼを借りて、米から作りあげていた。以来、毎年製造しているが、今回の改元にあわせて「記念になるものを」と製造に至った。

 通常は海老名市の蔵元が製造しているが、今回は相模原産にこだわり、緑区の久保田酒造に依頼。市内の高校教諭だった俵万智さんが相模原を詠んだ短歌と、「祝令和」と記した特別ラベルで祝賀ムードを盛り上げている。味の決め手となる酒米は太くて芯のある味わいの「雄町」と柔らかさが特徴の「山田錦」をブレンド。田所代表は「優しい甘みと爽やかな後味で、どの世代が飲んでも美味しいと感じる味わいにこだわった」とし、「満足のいく出来栄え。どこに出しても恥ずかしくない」と笑顔を見せる。

 同酒は田名の酒販店・ナカヤで販売中。金額は一升瓶が3000円(税抜)、720mlが1500円(税抜)。問い合わせはナカヤ【電話】042・713・3632へ。

読者プレゼント

 抽選で5人に令和仕様のてるて姫(1升)をプレゼント。希望者は住所・氏名・年齢・職業・電話番号・今号で面白かった記事を明記し、「〒252-0239相模原市中央区中央2-6-4 タウンニュースてるて姫係」へ郵送かメール(【メール】s-chuo@townnews.co.jp)を。当選者には引換券を発送。タウンニュース相模原支社で受け取りを。6月30日(日)締め切り。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

半世紀の家づくりを披露

二本松の梅澤木材

半世紀の家づくりを披露 経済

5月19日号

ライズはDivisionAに

【Web限定記事】X1リーグ新シーズン

ライズはDivisionAに スポーツ

6チームによるリーグ戦9月に開幕

5月19日号

3年ぶり有観客

自転車ロードレース

3年ぶり有観客 スポーツ

5月21日 TOJ相模原ステージ

5月19日号

手作り「たなワン」勢ぞろい

手作り「たなワン」勢ぞろい 文化

田名公民館で作品展

5月19日号

休日はフリマへ

休日はフリマへ 経済

5月29日 メイプルホール

5月19日号

22日 淵野辺でマルシェ

22日 淵野辺でマルシェ 文化

キッチンカーも集合

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook