さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

麻布大学 保護犬のケア続け10年 計74匹を里親のもとへ

社会

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
同研究室が今年度受け入れた保護犬・だいぷくとケアを担当した学生たち=26日撮影
同研究室が今年度受け入れた保護犬・だいぷくとケアを担当した学生たち=26日撮影

 麻布大学(浅利昌男学長)の伴侶動物研究室で続けている保護犬の受け入れ実習が、今年度で10年を迎えた。

 今まで引き渡した頭数は74匹。毎年春に福島県の被災地などから保護犬を受け入れ、学生たちが世話やしつけを行う。その年の秋から里親を募り、引き渡すまでが実習の流れとなる。被災地支援が目的だが、同研究室の茂木一孝准教授は、「被災地で傷ついた犬が人との交流でどう変化したかを研究論文にまとめて発表した学生もいる。学術的にも、社会貢献の意味でも意義のある取り組みでは」と話している。

今年も里親を募集

 今年度受け入れたのは4頭。学生たちは4チームに分かれ、約半年間、それぞれ1頭と向き合う。同大3年の杉田果穂さんの班は、白くてぷっくりした頬から名のついたおじいちゃん犬「だいぷく」を担当。顔合わせ当初は興奮して噛むくせがあったというが、同じメンバーで根気よく世話を続け、今では穏やかな性格がチャームポイントだ。「犬の飼育経験者で、なおかつ現在他の犬や猫を飼っていない人がだいぷくと合っていると思う」と杉田さん。別れは名残惜しいが、だいぷくに新しい飼い主が現れることを心待ちにしている。

 里親の申し出や各犬の詳細は【URL】https:// sites.google.com/carazabu.com/azabu-training- jisshuu /または、同研究室【メール】 azabutraining@gmail.comへメールを。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

三遊亭小遊三さんインタビュー

三遊亭小遊三さんインタビュー 文化

5月、市民会館で名人会

2月27日号

ライズ、新ヘッド就任

ライズ、新ヘッド就任 スポーツ

須永氏に替わり城ヶ滝氏

2月27日号

ヤマハに69失点で完敗

三菱重工

ヤマハに69失点で完敗 スポーツ

ウィングに最多トライ許す

2月27日号

児童の安全 地域で見守る

児童の安全 地域で見守る 社会

田名小安全ボランティア

2月27日号

夢と思い出、ケーキに描く

夢と思い出、ケーキに描く 教育

淵東小6年生が制作

2月27日号

「SCの事 もっと知って」

「SCの事 もっと知って」 社会

児童主体でPR動画制作

2月27日号

地域連合が災害支援

地域連合が災害支援 政治

市に100万円を寄付

2月27日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク