さがみはら中央区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

「相模原土産」といえばこれ 第3回 推し土産スイーツ総選挙受賞店インタビュー

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 市内で販売している菓子やパンを対象に、贈って喜ばれる相模原土産を市民投票で決定する「さがみはらスイーツフェスティバル2019 第3回推し土産スイーツ総選挙」。今回、グランプリ等を受賞した区内3店舗に話を聞いた。

ローソン・スリーエフ相模原富士見町店の「SC相模原せんべい」

 「土産を通してSC相模原の名を広めるために作った。感無量です」。第1回、第2回の受賞に続き、悲願のグランプリ。オーナーの渡邊康弘さんが、地元サッカーチームを応援しようと自身が発案した商品を販売している。JFL時代の同チームを知ってから、相模原を盛り上げるためにはSCの力が必要不可欠だと信じてきた。応援を形として示すため、同じくサポーターの煎餅屋「風林堂」(南区)とコラボし生まれたのがこの商品。贈答用や観戦中にもってこいの煎餅7種。「チームを知ってもらうきっかけに、ぜひ市内外の人へのお土産に使ってほしい」と声を弾ませた。

パティスリーフレジェの「チュリング」

 くるくる巻かれた独特の形。頬張れば、サクサクと小気味よい歯ごたえが特徴だ。1983年創業の同店の看板商品で、パティシエ・川名亮さんの父親が考案したもの。ヨーロッパのクッキー「チュイール」をアレンジし、焼きあがったアツアツの生地を素早く巻くのがポイントだ。「バターやアーモンドなど、素材を贅沢に使っています」と川名さん。お茶菓子にピッタリな一品だ。

カフェトガシの「パティシエの絶品クリームパン」

 パティシエでもある富樫幸至さんが店内で焼きあげる。田名の「おがわのたまご」を使った新鮮なカスタードクリームに、パンにはフランスのイースト菌を使用。ふっくらしっとり、やさしい味わいだ。今年の「相模原お店大賞」飲食部門大賞に次ぐうれしい知らせに、「感謝の一言。これからも地元食材にこだわった体に優しい商品を提供していきたい」と笑顔を見せる。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

コロナの影響で低調

相模原の住宅地 地価公示

コロナの影響で低調 社会

藤原不動産鑑定・藤原新一氏

4月29日号

油絵147点が集う

油絵147点が集う 文化

6日から 市民ギャラリー

4月29日号

春のオープンガーデンへ

春のオープンガーデンへ 文化

バラやクレマチス、見ごろ

4月29日号

「ぶちナマズ」出現

「ぶちナマズ」出現 教育

ふれあい科学館で展示中

4月29日号

カーネーションが当たる

カーネーションが当たる 社会

キララカード会が催し

4月29日号

日本一を市に報告

相模原弥栄高校美術部

日本一を市に報告 文化

部員らが喜び語る

4月29日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter