さがみはら中央区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

認知症取り組みで大賞 さがサポ ICT活用など評価

社会

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
「認知症とともに生きるまち大賞」を受賞し、喜ぶさがサポの関係者=12月7日、東京・千代田区の国際フォーラム
「認知症とともに生きるまち大賞」を受賞し、喜ぶさがサポの関係者=12月7日、東京・千代田区の国際フォーラム

 「認知症になっても安心して暮らせる街・さがみはら」の実現をめざして活動する団体・さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)は認知症への取り組み事例が評価され、昨年12月、NHK厚生文化事業団が主催する「第3回認知症とともに生きるまち大賞」を受賞した。

 同賞は「認知症とともに自分らしく生きていくために、地域はどのような役割を担えるのか」をテーマに、全国から募集した取り組み47事例から5事例を大賞として表彰している。

 今回、さがサポの取り組みで評価されたのは「ウィッシュカード」事業。認知症当事者、その家族、認知症サポーターなどが「困り事」や「取り組みたい事」についてメッセージを書き込むと、ホームページやメールで共有され、事務局が希望者と賛同者をマッチングさせるもので、これまでに事業を通じて多くの活動が実現されている。認知症当事者を含め、ICT(情報通信技術)で希望を共有し叶え合うという画期的な試みが評価につながったとされる。受賞に際し、さがサポを運営する認定特定非営利活動法人Link・マネジメント代表理事の井戸和宏さんは「さがサポに登録している認知症サポーターが、お互い様のパートナーとして全国の先駆的事例として称賛された結果であり、市民同士が助け合いによって結ばれていることをうれしく思います」と話し、感謝を示した。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

麻溝台に残る「満州の悲劇」

戦後75年

麻溝台に残る「満州の悲劇」 社会

加藤長治さんの残した歌碑

8月13日号

グッズ購入で花火を支援

グッズ購入で花火を支援 文化

サガミックスなどで販売

8月13日号

車いすを無料貸出

車いすを無料貸出 社会

田名の福祉施設が奉仕

8月13日号

遺言書の「保管制度」とは?

遺言書の「保管制度」とは? 社会

市内行政書士に聞く

8月13日号

平和は行動で「築く」もの

平和は行動で「築く」もの 社会

中央区中央在住八木 雄典さん(90)

8月13日号

市の実施行事年内中止へ

市の実施行事年内中止へ 社会

感染状況で変更も

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク