さがみはら中央区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

外国人実習生 「毎日楽しい」 「福祉村」運営施設で奮闘

社会

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
2人でハートのポーズを作るダオさん(左)とトゥさん=1月21日、特別養護老人ホーム縁JOY
2人でハートのポーズを作るダオさん(左)とトゥさん=1月21日、特別養護老人ホーム縁JOY

 (社福)相模福祉村が運営する特別養護老人ホーム「縁JOY(えんじょい)」と障がい者支援施設「たんぽぽの家」では、昨年12月からベトナムの介護技能実習生が勤めており、介護技術、日本文化を学ぶため日々奮闘している。

 積極的な外国人雇用の推進を掲げる同法人では、人材の確保・育成を図るため昨年、ベトナム人女性の技能実習生5人を初めて採用。12月から2人が勤務している。

 縁JOYで働くのはグエン・ティ・ダオさん(24)。ダオさんは主に高齢者への食事やトイレ、風呂の介助などを行う。一方、たんぽぽの家で働くグエン・ティ・トゥさん(25)は、介護支援員として障がい者のサポートを行っている。

勤務後に日本語を勉強

 研修機関で日本文化や介護知識を勉強し、実際に働き始めて2カ月ほどになる2人は、施設や日本での生活について「毎日が楽しい」と口をそろえる。利用者と話をしたり一緒に遊んだり、また漢字や和食など日本文化に触れることに楽しさを感じている。一方、大変なことは「日本語の習得」。毎日勤務後に勉強し、先輩職員からも教わっているという。

 現在同居している2人は、自宅でネギやにんにくなどを育てているそうで、「春にはパクチーを育てたい」と話す。好きな和食は「お刺身」(トゥさん)、「海老の天ぷら」(ダオさん)。家族との会話も多く、互いの近況など小まめに連絡を取り合っている。

 技能実習制度では、習得した技能を母国で役立てられるほか、介護の人手不足解消につながることも期待される。今後についてトゥさんは「日本で学んだことを生かしていずれベトナムで介護に携わりたい」とし、ダオさんは「できる限り日本で介護の仕事を続けたい」と話した。同法人の赤間源太郎理事長は「お2人とも勉強熱心で真面目。彼女たちの姿がほかの社員の良い刺激になれば」と期待を口にした。

利用者と笑顔でコミュニケーションを取るトゥさん(上)/車いすを押して高齢者をサポートするダオさん
利用者と笑顔でコミュニケーションを取るトゥさん(上)/車いすを押して高齢者をサポートするダオさん

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

麻溝台に残る「満州の悲劇」

戦後75年

麻溝台に残る「満州の悲劇」 社会

加藤長治さんの残した歌碑

8月13日号

グッズ購入で花火を支援

グッズ購入で花火を支援 文化

サガミックスなどで販売

8月13日号

車いすを無料貸出

車いすを無料貸出 社会

田名の福祉施設が奉仕

8月13日号

遺言書の「保管制度」とは?

遺言書の「保管制度」とは? 社会

市内行政書士に聞く

8月13日号

平和は行動で「築く」もの

平和は行動で「築く」もの 社会

中央区中央在住八木 雄典さん(90)

8月13日号

市の実施行事年内中止へ

市の実施行事年内中止へ 社会

感染状況で変更も

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク