さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

ひとり親家庭に独自支援 さがみ愛育会が3万支給

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
パンフレットを手にする松岡裕常務理事
パンフレットを手にする松岡裕常務理事

 社会福祉法人さがみ愛育会は新型コロナウイルス感染症により経済的打撃を受けたひとり親家庭への独自支援として、15

歳未満の児童1人につき3万円、2人目以降は2万円の支給を行う。ただし上限は1家族5万円。

 これは同法人が2017年から行っている福祉事業「福祉セーフティーガード支援隊事業」の一環。これまで困窮家庭へ「さくら応援金」として2万円の支給や、障害児へサンタクロースの格好でプレゼントを届ける「訪問サンタ」などの活動を行ってきた。同会の担当者によると「子どもや保護者に接する機会が多い分、困っている人がいることを肌で感じた」と言い、地域の為に役立つ法人でありたいとの思いから今回の独自支援に踏み切った。

 支援を受けるには申し込みが必要。申込締切は31日(金)の午後5時。限定100世帯。申込・詳細は同園【フリーダイヤル】0120・57・8880へ。電話は平日午前9時から午後4時まで。同園では寄付も募っている。寄付金は同事業や実施予定の子ども食堂などに使用される。
 

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

麻溝台に残る「満州の悲劇」

戦後75年

麻溝台に残る「満州の悲劇」 社会

加藤長治さんの残した歌碑

8月13日号

グッズ購入で花火を支援

グッズ購入で花火を支援 文化

サガミックスなどで販売

8月13日号

車いすを無料貸出

車いすを無料貸出 社会

田名の福祉施設が奉仕

8月13日号

遺言書の「保管制度」とは?

遺言書の「保管制度」とは? 社会

市内行政書士に聞く

8月13日号

平和は行動で「築く」もの

平和は行動で「築く」もの 社会

中央区中央在住八木 雄典さん(90)

8月13日号

市の実施行事年内中止へ

市の実施行事年内中止へ 社会

感染状況で変更も

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク