さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

オンリーワンの味、追求 ラ・ターブル(横山)

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
「人に恵まれてきた」と話す平林社長
「人に恵まれてきた」と話す平林社長

 知る人ぞ知る横山を拠点とするお弁当屋さんを運営するラ・ターブル(平林久美子社長)。店は2000年過ぎまで相模原市役所近くにあったビジネスホテル内でレストランとして営業し、店名そのままに業態を弁当宅配店へと変更し現在の地へ。一般家庭のほか、区内の小学校や高校、介護福祉施設などへもそれぞれの要望に応じた給食、弁当を提供している。

 2年前には創業30周年を迎え、平林社長は「夫と立ち上げた会社。店の評判を口コミで広めてくれた方々や、この出来の悪い社長である私を支えてきてくれたスタッフのみんな。人に恵まれてきたと思います」と笑顔をみせる。

 こだわってきたのがオンリーワンの店だ。売上アップを目指し、料理を効率化して大量の弁当を量産するのではなく、「うちの料理です」と誇れるように、より手の込んだ味づくりに力を入れているのだという。

 例えばソース。市販のものではなく、オリジナルのものを手間暇かけてつくりラ・ターブル独自の味を生んできたほか、800人分のキャベツを千切りにするのにも専用の機械は使わず、スタッフ総出で包丁を使い丹念に切り刻むようにしていると平林社長。「機械を使うよりも包丁で切った方がキャベツがキラキラしたままで美味しくなるんです」

 コロナ禍のなか、売上の一部を占めていたイベントなどがなくなり苦戦が続くというが、平林社長はこれまでやってきたことを「ぶれずに」続けていくことが困難を乗り越える方法と力込める。「これからも真面目にやっていくだけです」
 

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook