さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

はやぶさ2 12月6日に帰還へ 豪州砂漠にカプセル投下

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
地球に帰還するカプセルと飛び去る「はやぶさ2」の想像図(@JAXA)
地球に帰還するカプセルと飛び去る「はやぶさ2」の想像図(@JAXA)

 小惑星リュウグウでサンプル採取したカプセルを搭載し地球への航行を続けている探査機・はやぶさ2について、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とオーストラリア宇宙庁(ASA)は14日、今年12月6日(日本・豪州時間)に地球に帰還するとした共同声明を発表した。南オーストラリア・ウーメラの砂漠地帯にカプセルが投下される予定だ。

 生命起源に迫るため、リュウグウでサンプルリターンミッションに挑んだはやぶさ2は、2度のタッチダウン(着陸)という離れ業を演じたほか、地表から表面資料の採取に成功。昨年11月に地球に向けてリュウグウを出発している。

 JAXAとASAはカプセルが帰還するのに伴い、回収計画の最終確認を行っている。広大な砂漠の中で確実にカプセルを回収するためには、さまざまな状況を想定して対応を決めておく必要があるため、綿密な協議が進められている。

次なるミッション検討

 一方、JAXAによると、はやぶさ2は地球にカプセルを持ち帰った後すぐ、次なる拡張ミッションに移行する案が検討されていることもわかった。現在、2つの小惑星、2001AV43と1998KY26の案が示されている。どちらもリュウグウよりも小さく、かつ速く自転するのが特徴だ。以前、小惑星1999JU3がリュウグウと名付けられたことから、同様にそれぞれ名が付く可能性もある。

 JAXAのツイッターでは、はやぶさ2に対しカプセルを無事に地球に送り届けることへの期待や次のミッションへの挑戦をたたえるメッセージが多数寄せられている。
 

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook