さがみはら中央区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

「織らない布」広める 夢工房21(横山)

経済

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
「つながりを大切にしている」と池田社長
「つながりを大切にしている」と池田社長

 織らない布――不織布を使った商品を取り扱う夢工房21(横山)。不織布で、はっぴや応援ビブス、菓子の包装材などを製作。コロナ禍のなか迎えた今夏には冷却素材のマスクもつくるなど、顧客のニーズに合わせた不織布商品を数多く生み出している。

 20代まで映画制作に携わっていたという池田英夫社長は「南区で個人事業として創業し今年で20年。横山に来て10年かな。人の良い相模原の方々に仕事も生活も支えられてきたと思っています」と振り返る。

 社として大切にしてきたのが、人と人とのつながりという。顧客から商品の納期やロットなどについて無理難題を出されても原則「受けてきた」のだと。結果、得たのが信頼。頼ってきてくれた人に精一杯応えることが「次の商売」へとつながってきたと池田社長は笑顔を見せる。「おかげで無借金経営を続けてくることができた。ありがたいことです」

 ただそんな優良企業もコロナ禍のなか、打撃を受けた。はっぴなどのイベントで使用する商品を数多く手掛けているだけに相次ぐイベント中止はこたえた、と。それでも来年の東京五輪に関する応援グッズをつくることを目標にネット販売を強化していたところ、最近、発注が戻ってきたのだと。「祭り好きの江戸っ子。個人的にも早くお祭りに行きたいよ」

 池田社長が当初から抱いてきたのが不織布の知名度を上げること。最近、ようやく知られるようになってきた、と話すが「まだまだ」とも。何にでも変化させられる有能な布を相模原から全国へ。今年70歳。まだまだ夢は終わらないようだ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

SC、上位争い制す

サッカーJ3

SC、上位争い制す スポーツ

鳥取から3得点

12月3日号

再生資源で道路づくり

再生資源で道路づくり 文化

田名小で特別授業

12月3日号

ライズ IBMを撃破

ライズ IBMを撃破 スポーツ

今季最終戦を白星で飾る

12月3日号

コロナ在宅で資源増加傾向

コロナ在宅で資源増加傾向 社会

求められる分別の徹底

12月3日号

横山だいすけさんインタビュー

横山だいすけさんインタビュー 文化

来年1月、市民会館で公演

12月3日号

市の魅力を再発見・新発見

市の魅力を再発見・新発見 社会

シンポジウム参加者募集

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク