さがみはら中央区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

ジュニアアスリート 情操教育も必要? テニススクール担当者に聞く

スポーツ

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
自身も、「選手として活躍したジュニア期の経験が今に生かされている」と話す足立事業部長
自身も、「選手として活躍したジュニア期の経験が今に生かされている」と話す足立事業部長

 ジュニア世代へのスポーツ指導の中でも、「豊かな心を育む情操教育が必要」と話すのが、関東地域で19カ所のテニススクールを運営している「Dテニススクール」の足立良資・事業部長だ。園児から小学生、中学生世代にテニスを教えている同事業部長に聞いた。

 ――なぜでしょうか?

 「ジュニア期は将来の人格を形成する大切な時間。その期間に見て聞いて学んだことは子どもたちが大人になったとき、物事の捉え方のベースとなります。だからこそ、ジュニア期の情操教育は大切と思っています」

 ――テニス指導の中でどのように?

 「一人ひとりが自分で考えてプレーできるようにしています。なぜこの場面では、こういったプレーをする必要があるのか。子どもたちに考えさせ、実践してもらうようにすることで、競技力の向上と共に子どもたちの『考える力』を高めたいと思っています」

 ――「考える」には体力も必要と?

 「健全な心を支えるのは体力ですからね。決断するのも我慢するのにもしっかりとした体力は必要となります。ジュニア期に得た体力は将来の健康づくりにもつながりますし、当テニススクールでも重要視していることです」

 「指導者として、子どもたちと接するのは本当に楽しいこと。今後も責任をもって取り組んで参りたいと思います」
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

オカリナの音色 春彩る

オカリナの音色 春彩る 文化

28日 ランチタイムコン

4月15日号

「溝の朝市」今年初開催

上溝商店街

「溝の朝市」今年初開催 経済

23日からは七福神めぐり

4月15日号

2万年前の遺跡がここに

陽光台1丁目公園

2万年前の遺跡がここに 文化

地元自治会が説明板設置

4月15日号

子どものやる気の育て方

オンラインセミナー

子どものやる気の育て方 教育

5月18日 参加無料

4月15日号

「事故死ゼロ」めざし訴え

「事故死ゼロ」めざし訴え 社会

春の交通安全運動で啓発

4月15日号

「みんなで歌おう」中止に

「みんなで歌おう」中止に 文化

24日予定の会 コロナで

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter