さがみはら中央区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

「あの工場」は何の会社の? 上溝バイパスで存在感

経済

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
同社の3輪電動スクーターに乗る担当者
同社の3輪電動スクーターに乗る担当者

 工場の立ち並ぶ上溝バイパス上でひときわ目につくのが、黒とシルバーで組み合わされたスタイリッシュな「企業ロゴ」の看板――。

 「何の会社のもの?」とドライバーらの視線を集めているが、それは法人向けのデリバリーなどに使われる電動バイクを手がける「アイディア」の相模原工場だ。「本社は都内なのですが、ユーザーや協力会社が近くにいることから上溝に生産工場を構えることにしたんです。相模原はものづくりのまちというイメージが強いですね」と同社の広報を務める成田裕一郎さんは話す。

昨年設立

 同社の設立は昨年。成田さんによると同社はイタリアのバイクメーカーの代理店として業務にあたる中で、走行時にCO2を排出しない環境に優しいバイクをつくろう――と立ち上がった新興企業なのだという。

 エコな電動バイクを広めるため、より活用される「仕事用」に特化し、こだわったのがデザイン。製造するすべてのバイクをデザイン力に定評のあるイタリアのデザイナーに依頼し、「これまでにないものを」という構想の中、生まれたのが相模原工場に並ぶ3輪電動スクーターなのだという。

「まちに貢献」めざす

 スタイリッシュな雰囲気から外資系というイメージが広がる同社だが、「地元」となった相模原へ貢献したいという思いは強いという。

 地元の子どもたちが工場見学できるように準備を進めているほか、「機会があれば、相模原のふるさと納税の返礼品として自社バイクが採用されるようにしていきたいとも思います」と成田さんは笑顔を見せる。

 「社会貢献が当社のモットー。新参者ですが、いずれ相模原の皆さまが誇りに思ってくれる会社になっていきたいと考えています」

上溝バイパス沿いにある工場
上溝バイパス沿いにある工場

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

和泉短大が授業研究会

和泉短大が授業研究会 教育

小中学校との連携を強化

6月30日号

独自グッズで応援

田名北小学校

独自グッズで応援 文化

6月30日号

夢・挑戦・達成

祝D1昇格ダイナボアーズ 

夢・挑戦・達成 教育

6月30日号

「どんどん強くなって」

「どんどん強くなって」 スポーツ

九沢小児童がエール

6月30日号

菅井汲作品展

菅井汲作品展 文化

誠文堂で4日から

6月30日号

チャリティCに3組6人を招待

平浜ひろしさん

チャリティCに3組6人を招待 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook