さがみはら中央区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

田名から15分の「再発見」 自然豊かな愛川町

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
現在、コスモスが咲き乱れる「目の前」の広場
現在、コスモスが咲き乱れる「目の前」の広場

 神奈川県民限定の旅行割引キャンペーン利用者も増えている。こちらは、県が観光事業者を支援することを目的としつつ、県内の魅力を再発見してもらいたいという意図もあるのだという。

 田名から車で15分程度で着く「再発見」スポットが愛川町。山々に囲まれ、自然豊かで空気が綺麗――。山登りやハイキングなどに適する場所だ。

 中でも人気を集めているのが愛川町三増にある、「愛川ブランド」の玉子を手に入れることができる直売所「卵菓屋」。同町を拠点とする養鶏農家が集まる「神奈川中央養鶏農業協同組合」が運営している店舗でTVや雑誌などから取材を受けることが少なくないのだという。

 「ヘルシーで栄養価の高い朝採りたまごや、ビタミンEなどが豊富な『クレタマ』と呼ばれる愛川ブランドのものなど、バラエティに富んだ玉子がそろっています」と佐藤実店長。

 また、それら新鮮玉子を使ったプリンやカステラなどのスイーツの人気も高く、オムライスや親子丼などの「たまご料理」を楽しめる点(現在はテイクアウトのみ)も注目を集める理由となっているようだ。

 「目の前にある広場は当店利用者であれば自由に使っていただくことが可能です。ご家族みんなで愛川の自然の中、遊び回ってもらえればと思います」

 あす10/30㈮は「たまごかけごはん日」

 あすは、「日本たまごかけごはん楽会」(島根県)が制定した「たまごかけごはんの日」。ということで、佐藤店長に「美味しい玉子かけご飯」の食べ方を聞くと...①まず、白身だけご飯にかけてよくかき混ぜ、②次に黄身も同じように混ぜる、③そして最後にタレをかけて----すると、「白身のドロドロ感がなくなり、美味しく召し上がれます」そうだ。

「玉子かけご飯」専用のタレを手にする佐藤店長
「玉子かけご飯」専用のタレを手にする佐藤店長
神奈川中央養鶏農業協同組合のメンバーら
神奈川中央養鶏農業協同組合のメンバーら

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

はやぶさ記念 市民デー開催

市パークゴルフ協会主催

はやぶさ記念 市民デー開催 文化

6月12日 参加費無料

5月26日号

縄文の集落跡を一般公開

縄文の集落跡を一般公開 文化

田名 200人が見学

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年 出身者に聞く

5月26日号

「結果で地元に恩返し」

カヌー齋藤彰太選手

「結果で地元に恩返し」 スポーツ

明治安田生命が支援

5月26日号

神奈川ダービーはドロー

日本酒完成を報告

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook