さがみはら中央区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

(PR)

医療インタビュー 周産期医療中核病院として 9月にセンター長に就任 望月純子医師

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
センター長・望月純子医師
センター長・望月純子医師

 「地域と共に」を方針に掲げ、相模原で50年にわたり地域医療を担ってきた相模野病院。同院は県の周産期救急システムの中核病院として、妊娠期から出産後まで充実した医療体制を整え、手厚いサポートに尽力している。

 20余年にわたり北里大学病院で重い合併症を有する母児の分娩に携わり、今年9月に周産期母子医療センターのセンター長に就任した望月純子医師は「当院の特徴はNICU(新生児集中治療センター)が併設されていること」という。

 同院では、妊娠28週以降の早産で生まれた赤ちゃんの受入れが可能であり、リスクの高い分娩時はもちろん、帝王切開の時にも全例小児科医が立ち合い、生まれた時から適切なケアを行うことができる。産科と小児科は毎日情報を交換し、妊娠・出産・育児を一貫してケア。また10月より、1日早く退院できるよう診療内容を見直し、分娩費用を減額(正常分娩59万円)した。産後の育児に悩むお母さんを対象に、入院してサポートが受けられる「産後ケア」も開始。「今後も地域医療を担うこの病院で、母児の安全に貢献していく所存です」と望月医師。

 同院は今後さらなる医療の充実をめざし、「地域周産期医療」の中核を担っていく。

独立行政法人地域医療機能推進機構 相模野病院

相模原市中央区淵野辺1-2-30

https://sagamino.jcho.go.jp/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

「のぼり旗」作れます

「のぼり旗」作れます 経済

デザインから印刷まで一括

5月13日号

植え替えのベストシーズン到来豊富な花苗でガーデニング

頑固なひざ痛に苦しむあなたへ

第28回 座間総合病院 ”出張”健康講座

頑固なひざ痛に苦しむあなたへ

おださがプラザで5月29日 午前10時30分から

5月7日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

5月7日号

「さらなる地域医療の充実を」

新院長着任し、体制新たに 医療レポート

「さらなる地域医療の充実を」

取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

4月29日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter