さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

「けん玉先生」の資格を生かし、精神保健福祉の普及をめざす 山田 龍さん 上矢部在住 51歳

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

けん玉で地域とつながる

 ○…精神障害者が通う事業所「地域活動支援センター第3けやき」(由野台)の施設長を務める傍ら、けん玉の指導者の資格「けん玉先生」としての顔を持つ。一昨年から2年連続でNHK紅白歌合戦の「けん玉リレー」に出場しギネス記録の達成に貢献したほか、昨年開催された世界大会では50代男性の部で準優勝を収めるなど輝かしい成績を残した。

 ○…けん玉に初めて触れたのは小学生の時。童謡「うさぎとかめ」に合わせて球を皿にのせる遊びに熱中したが、サッカーや演劇に打ち込むようになり、次第にけん玉とは縁遠くなった。「再会」の契機となったのは5年前。スクールソーシャルワーカーとして勤務していた学校に寄付された玩具の中にけん玉を見つけた。「いいコミュニケーションツールになる」と思い立ち、教室で子どもたちと一緒に遊んだり、不登校の子の家庭訪問で技を披露して場を盛り上げるなど活用の幅を広げている。

 ○…昨年の緊急事態宣言から、地域交流を目的に事業所で開催しているけん玉教室は中止に。コロナ禍で対面がはばかられる今、力を入れているのはSNSでの動画配信。技を撮影した短い動画をインスタグラムで毎日投稿し、評判だ。

 ○…「まだまだ精神保健福祉について知られていない。けん玉を足掛かりに自分たちのことを知ってもらいたい」と力強く訴える。そのためにけん玉を持って地域に出向き、精神保健福祉士や事業所の存在を、特技を生かして住民らにアピールすべく奮闘し続ける。「精神障害者が暮らしやすい地域をつくりたい」。その思いを胸に、これからも自身が称する「けん玉ソーシャルワーカー」としてつながりの輪を創出し、美技で人々を笑顔にしていく。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

中澤 吉裕さん

日本車いすテニスJAPANナショナルチーム監督として、(公財)日本障がい者スポーツ協会功労章を受賞した

中澤 吉裕さん

南区相南在住 50歳

4月22日号

森元 博さん

このほど相模原警察署の署長に就任した

森元 博さん

中央区在勤 58歳

4月15日号

奥山 憲雄さん

このほど星が丘地区の散策地図「発見・探検・散さくマップ」を作成した

奥山 憲雄さん

星が丘在住 74歳

4月8日号

高橋 美保さん

今年で5年目を迎える「手作りマルシェフェスティバルin淵野辺」を立ち上げた

高橋 美保さん

淵野辺在住 54歳

4月1日号

泉口(いずぐち) 友汰さん

7年ぶりに東都1部リーグに返り咲いた青山学院大学硬式野球部で主将を務める

泉口(いずぐち) 友汰さん

淵野辺在住 21歳

3月25日号

マジシャン SINさん(本名:飯島 健太)

マジックショーを無料配信、マジシャン育成にも尽力する

マジシャン SINさん(本名:飯島 健太)

中央区在住 34歳

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter