さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

元気な高齢者増やし活気を 片山 和一良(わいちりょう)さん(69) 越喜来在住

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
震災資料館「潮目」を前にとびっきりの笑顔を見せる片山さん
震災資料館「潮目」を前にとびっきりの笑顔を見せる片山さん

 津波の被害にあった建物の廃材などを集めて建てた三陸町越喜来(おきらい)にある震災資料館「潮目(しおめ)」。以前構えていた地域で土地を造成するのに伴い移転した。現在は、潮目に置かれていた、旧越喜来小学校の児童を津波から救った非常階段を震災遺構として残し、掲示板を配置。ログハウスも設置した。さらには、カラフルな装飾でひと際存在感を放ったあの「理容室ニュー清水」の仮設のプレハブ店舗を所有者の清水康雄さんの承諾を得て持ち込むなど3点セットの構えで運営している。資料見学はもとより電気や水道も備わっているため、ときには宿泊する人も。潮目は変わらず人気だが、片山さんも元気。震災後に知り合った人々とは今でも仲が良く、「明日はその人たちと(Web会議アプリ)Zoomで交流会をするんだ、コロナで集まれないから。主催する人が埼玉の人でさ」と交流の幅も広い。

 あれから10年になるが、質問に返ってきた言葉は「実感ないなあ」。それでも、町から子どもたちの姿が減少している点を懸念。人口流出にも思いを巡らせる。そうした中で、町ににぎわいを出すためにはまずは町をよく知ることからと、町の自慢について地域住民に加え、来街者にも伝えていく試みを展開中だ。「町のことをしっかり話せる元気な高齢者が増えれば活気が出るから」と期待を寄せる。これからの夢については「健康で、元気でいられるように。高望みはしない」としながらも、「来てくれる人は大歓迎。これからも人とのつながりは大事にしたい」。新たな出会いへの意欲は増すばかりだ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook