さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

「夢はでっかく、前向いて」 清水康雄さん(72) 大船渡町在住

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
店頭で笑顔を見せる(左から)康雄さん、セツ子さん、友美さん
店頭で笑顔を見せる(左から)康雄さん、セツ子さん、友美さん

 被災して1年後に仮設プレハブ店舗で再開した「理容室ニュー清水」が4年前に高台に移転した。現在は長女の友美さんがカットなどで店の中心的存在だが、康雄さんはパンチパーマなどを担当。持ち前の技量で鳴らし、依頼も多い。妻のセツ子さんは現在94歳の康雄さんの母親の世話で忙しい毎日を送っている。

 これまでの妻との二人三脚に長女も交えた、「三人四脚」で切り盛り。以前の店舗へ足を運んでいた常連や、震災後に清水さんの人柄に惹かれて来店した人々が今でも通ってくる。現在の店舗からは大船渡湾が一望できるなど眺望は最高。多くの仲間たちに囲まれながら楽しく暮らす。孫たちもぐんぐん成長。取材した8年前には小学3年・1年生だったが、今では高校1年、中学2年に。中学生の長男は180cmを超え、「すごいおっきいんだよ」と誇らしげに笑う。

 「個人的にはあっという間の10年」と振り返り、「心の復興といっても(震災前の)昔のように戻ることはないね」。次の10年に向けては、「とにかく備え。心の備え、物資の備え。それを常々怠らないようにすることが大事」とし、万全を期しながら、さらに20年先の安心の生活につなげていく考えだ。

 それでもやはり、康雄さんは前へ、前へと向かう。

 以前構えていた店舗のヨーロッパ調の佇まいを懐かしく思いながら、もう一度店を建て直した暁にはそうした風情を残しながら「昼はバーバー(理容室)、夜はバー(Bar)なんていいね」と笑顔。最後は「夢はでっかく、前を見て歩むのみ」と力強く言い切る。

 結局はいつも皆、康雄さんに励まされている。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook