さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

青少年センに「映える」壁画 美大生が新たな魅力創出

文化

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
ウォールアートの完成を喜ぶ(左から)山下さん、山本幸奈さん(多摩美術大学2年)、川口友綺さん(同)、本村賢太郎市長、前川さん=8日、青少年学習センター
ウォールアートの完成を喜ぶ(左から)山下さん、山本幸奈さん(多摩美術大学2年)、川口友綺さん(同)、本村賢太郎市長、前川さん=8日、青少年学習センター

 建築から50年以上がたつ青少年学習センター(矢部新町)に新たな魅力を創出しようと、美大生4人がウォールアート(壁画)を制作し8日に完成披露式が行われた。

 出入口付近の外壁の劣化が進んでいた同センターは、修繕するとともに、ひと際目立つ写真を撮影できる、いわゆる「SNS映え」するスポットをつくろうと昨年末にウォールアートの制作者を募集。4人の美大生が集まったことから、企画が進められていた。

 横10・8mに描かれたデザインはSNS映えをテーマに、壁にあるドアノブを手にもったり風船をつかんだりするトリックアートを織り交ぜて制作。披露式で中心に描かれた青い生き物に本村賢太郎市長が目入れをして完成した。

 制作した多摩美術大学2年の前川美衣さんは「コロナで大変な状況の中、地域にアートがあることが心の支えになれば」と期待を寄せた。女子美術大学1年の山下丹唯梨さんは「写真を撮ったり、近くまで見に来てもらえるとうれしい」と話し、美大生が発案したハッシュタグ「#さがみ映え」を使ったSNSでの情報発信も呼びかけている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook