さがみはら中央区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

「中央区愛忘れない」 ボーイズ 活動記念し植樹

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
(上・左から)式に出席したボーイズの奥村純さん、植田二友さん、小野純さん、安藤光汰さん、奥山晴大さん、國島飛翔さん(下)土を盛るボーイズのメンバー =10日、上溝さくら公園
(上・左から)式に出席したボーイズの奥村純さん、植田二友さん、小野純さん、安藤光汰さん、奥山晴大さん、國島飛翔さん(下)土を盛るボーイズのメンバー =10日、上溝さくら公園

 中央区の事業から生まれ、区のPRを目的に活動してきた地元男子グループ「相模原市中央区さくら咲くボーイズ39」が活動を終了するのに伴い、10日に上溝さくら公園で関係者による記念の植樹式が行われた。

 ボーイズは中央区のまちづくりを考える組織「相模原市中央区みらい協働プロジェクト実行委員会広報宣伝部」の発案で結成されたグループで、これまで区の自然やさまざまなスポットなどの魅力を市内外に発信。市民桜まつりなどの数々のイベントにも出演し、歌やダンスも披露するなど区全体を盛り上げてきた。そうした中、区の事業の終了によりボーイズたちも卒業することになったため、活動に力を注いできたボーイズの足跡を将来に残したいとの関係者の思いから桜の植樹が実現した。

 式では、ボーイズのメンバーがシャベルで土をすくい、桜の木に思いを込めて盛った。宣伝部の平岩夏木さんは結成当初から成長を遂げていったボーイズたちに感慨を深めるとともに、卒業記念の活動についてリクエストした際、「区のために何かしたい」という声が上がったことに感動した経緯に触れ、「これからも頑張ってほしい」とエールを送った。

 活動を回顧し、1期生の安藤光汰さんは「自分に何ができるのかを考えて、自治活動に取り組みたい」と今後への決意を見せると、同じく1期生の奥村純さんは「活動は終わるけど、こうして桜を残せてうれしい」とし、「中央区愛を忘れずに暮らしていきたい」と力強く抱負を語った。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook