さがみはら中央区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

「新たな地域交流の場に」 プロセス カフェバー開店

スポーツ

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
出身地でもある相模大野へ店舗をオープンした相模原プロセスの草野代表=4月17日のレセプションで
出身地でもある相模大野へ店舗をオープンした相模原プロセスの草野代表=4月17日のレセプションで

 バスケットボールをはじめとしたさまざまなスポーツの魅力を発信し、地域の新たなコミュニティの場の創出を図る「Sports Cafe & Bar PROCESS」が4月23日、南区相模大野6の14の8の2階に一般向けのオープンを開始した。2月から限定的に関係者に対する営業は行っていた。

 運営は、相模原を拠点にプロバスケットボールのBリーグ参入をめざす「相模原プロセス」(草野佑太代表)。経営状況や実績、地域性など、Bリーグの参入に必要な基準を満たしていくため、基軸事業であるスクール運営や講師派遣に加えて、飲食店経営で運営基盤の強化を図るとともに、クラブ理念である「相模原に根づいた超地域密着型チーム」を体現していく考えだ。

 営業は金・土・日。プレーヤーでもある磯貝玲奈店長をはじめ、同チームの選手たちがスタッフとして勤務し、地域とふれあう。イベント開催やスペース貸出しも行っている。草野代表は「応援あってのチーム。個々の選手を知ってもらう場になれば」と話している。

 問合せは【携帯電話】080・9287・0897へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

台湾パイナップルを寄贈

台湾パイナップルを寄贈 社会

市内福祉施設などに40箱

6月17日号

三菱・工藤さんが大臣賞

三菱・工藤さんが大臣賞 社会

技能グランプリ「施盤」競技

6月17日号

杉岡監督作品、19日公開

杉岡監督作品、19日公開 文化

渋谷ユーロスペースで

6月17日号

畠中さんが母校・桜美林へ

畠中さんが母校・桜美林へ

「はやぶさ」にサイン

6月17日号

「生理の貧困」対策の一助に

国際ソロプチミスト相模

「生理の貧困」対策の一助に 社会

市へナプキン寄贈

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式なし

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter