さがみはら中央区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

「50年に一度」奇跡の開花 田名 リュウゼツラン育つ

文化

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
黄色い花を付けるリュウゼツランと並ぶ金井さん=16日、田名
黄色い花を付けるリュウゼツランと並ぶ金井さん=16日、田名

 メキシコが原産の多肉植物「リュウゼツラン」が田名地区の望地で開花した。

 「50年に一度咲く」と言われ、花が咲くまでの時間の長さから「センチュリー・プラント」という英名がつく同植物。所有者の金井清人さん(60)によると、旅行の土産に購入したリュウゼツランを父の実さんが50年ほど前に初めて植えた。当時、敷地内には倉庫が建っていたため日が当たらず実さんが植えた葉は枯れてしまったが、その後二代目となる葉が約30年前に生えてきたという。それを清人さんが受け継いで育てていた。

 アロエのような分厚い葉から茎が顔を出したのは5月頃。その後、どんどん伸びて4mほどの高さになると、6月にはつぼみを付け、7月初旬には筒状で短い黄色の花を咲かせた。悪天候の影響で一度茎が倒れてしまったが清人さんが竹の支柱を作り、貴重な花を大切に守った。

 花はすでに枯れてしまったが、同地区で植木店を営む清人さんは「せっかく咲いたので葉を枯らさないように育てて、もう一度花を見たい。目標は10年後」と笑顔で意気込みを話した。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook