さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

東京五輪市内キャンプ 市民、選手が「心の交流」 囃子・手製旗での応援、力に

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
(上)大野台中央小・津久井中央小・上鶴間中が製作した応援旗を手にするブラジル選手団(下)保存会の囃子の演奏を撮影するカナダ選手たち=相模原市提供
(上)大野台中央小・津久井中央小・上鶴間中が製作した応援旗を手にするブラジル選手団(下)保存会の囃子の演奏を撮影するカナダ選手たち=相模原市提供

 東京五輪の事前キャンプをめぐり、相模原市では、カナダ代表ボートチーム、ブラジル選手団のホストタウンとして市内小中学校の子どもたちが手づくり品を贈ったのをはじめ、市民グループらが囃子の演奏など精一杯のもてなしで選手たちを力強く応援した。コロナで対面による交流は叶わなかったが、そうした思いに選手たちも感謝の意を示すなど「心の交流」が生まれていた。

 緑区名倉の施設「研修センターふじの」に滞在していたカナダ代表ボートチーム。オンラインでの交流や地元小中学生を迎えた練習見学を行ったが、感染予防を踏まえ、住民と選手たちとの対面での交流は実現できなかった。

 それでも、貴重な機会に地元ならではのもてなしで選手たちを送り出そうと、藤野囃子保存会らが協力。選手たちが施設を出てから駐車場のバスに向かうまでの間に太鼓などをセットし、乗り込む選手たちに演奏を届けた。選手たちはその様子を笑顔で撮影。沿道に駆け付けた住民にも手を振って応えた。後に選手たちはカナダの報道機関の取材に対し、「素晴らしいもてなしを受け、力になった。歓迎してくれた皆さんに感謝している」と答えている。

 一方、ブラジル選手団は競技ごとに分かれて入国し、滞在期間も短く公開練習や交流事業も行えずにいた。そうした中、市が事前に呼びかけていた応援旗などの贈呈について、小中学校5校と民間の学童保育が応じ、急ピッチで製作。完成後、子どもたちの気持ちのこもった応援旗や手づくりのメダルがチームに贈られると、すぐに練習会場に掲示された。選手たちは子どもたちの思いを背に練習に励むとともに、SNSで紹介するなど感激した様子を見せた。中には「相模原、ありがとう」とお礼のメッセージを寄せたものもあった。

 市の担当課は、「ホストタウンとしての関係はこれからも続くので、ぜひ市民との交流ができるよう関係を継続していきたい」と話している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に住民交流の新拠点

田名に住民交流の新拠点 文化

ボラセン併設で支援厚く

10月21日号

投票所でコロナ対策徹底

衆院選

投票所でコロナ対策徹底 社会

市選管「できるだけ分散を」

10月21日号

巨人から4位指名

プロ野球ドラフト会議 東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月14日号

自民立民、一騎打ちの様相

自民立民、一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14区

10月14日号

大型物流施設 田名に誕生

大型物流施設 田名に誕生 文化

地域共生へ、一般開放も

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook