さがみはら中央区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

(PR)

渕野辺総合病院医療レポート【5】 産婦人科にもかかりつけを 産婦人科 渡邊 知緒医師

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 1954年に開院して以来、「地域の中核病院」として地元と歩みを共にする医療法人社団相和会・渕野辺総合病院。今回は、産婦人科の渡邊知緒医師に卵巣にできる腫瘍(しゅよう)の一つ、「卵巣嚢(のう)腫」について聞いた。

 女性であれば誰しもがなり得る卵巣嚢腫だが、その種類や原因はさまざま。小さいうちは無症状の場合が多いため存在に気が付きにくいが、「超音波を当てればすぐに有無がわかります」と渡邊医師。腫瘍が大きくなると破裂や卵巣のねじれといった危険性があるため、腹部の張りや痛みを感じる際は超音波検査を推奨する。

 加えて、子宮内膜が剥がれて血液が卵巣に貯まる「チョコレート嚢胞」は、閉経後でも放置すれば数%の確率で癌に転じることもあり、「出産に関わらず、気軽に相談できるかかりつけ医を産婦人科にも持つことが重要」と訴える。

 卵巣嚢腫の摘出手術は開腹手術で可能だが、同院では腹腔鏡手術を提案。腹部を大きく切開することなく、入院期間も3泊4日で対応が可能だ。このほかにも子宮筋腫をはじめとする婦人科手術を週に3回実施。子宮全摘出も腹腔鏡で行っている。

妊娠時のケアに注力

 妊娠時は骨盤ケアを中心としたサポートを提供。ホルモンの分泌で靭帯が緩むことによって表れる腰や恥骨周りの痛みなどの症状に対し、専門助産師が「骨盤体操」やさらしの巻き方などを丁寧に指導する。母乳外来や母親学級(父親も参加可能)も設けている。

医療法人社団相和会 渕野辺総合病院

「共生と至誠」地域社会に密着した総合病院

TEL:042-755-2222

https://www.sowa.or.jp/fuchinobe/

サーティーフォ―交通

「人と場所をつなぎ、夢を実現する」をコンセプトに地域交通インフラの一翼を担う

www.3400.jp

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

「カメ吉号をよろしく」

つるや呉服店

「カメ吉号をよろしく」

宅配バイクでデリバリー開始

11月25日号

大掃除中にお宝さがし

大掃除中にお宝さがし

捨てる前に一度査定を

11月25日号

今年最後の「大感謝祭」

今年最後の「大感謝祭」

クリナップ商品が出血大特価 12月28日まで

11月25日号

「手術したくない方へ」

JR相模原駅から徒歩3分

「手術したくない方へ」

整体院すみれ

11月25日号

賃料・共益費 1カ月無料

サービス付き高齢者向け住宅「ディーフェスタ相模原」 相模原駅南口徒歩6分

賃料・共益費 1カ月無料

12月31日までの契約で 前回好評につき早めに

11月18日号

家族構成・生活スタイルにより選べる相模原 向得寺 永代供養シリーズ!

家族構成・生活スタイルにより選べる相模原 向得寺 永代供養シリーズ!

樹木葬・樹木墓・永代供養墓・有期限墓地・ペット併葬墓

11月11日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook