さがみはら中央区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

「さがスパ」の売上を寄付 新型コロナ対策支援に

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
本村市長(左から4番目)へ目録を手渡すさがスパ販売グループの篠原代表(同5番目)、相模原青年会議所関係者ら=11日
本村市長(左から4番目)へ目録を手渡すさがスパ販売グループの篠原代表(同5番目)、相模原青年会議所関係者ら=11日

 相模原生まれのスパゲティ「さがスパ」の売り上げの一部として11日、さがスパ販売グループから市へ2万3958円が寄付された。

 さがスパは、2015年から17年の相模原市のスパゲティ消費量が総務省調査で日本一だったことから昨年10月、(公社)相模原青年会議所が「新たな市の名物に」と開発した。相模原調理師専門学校講師でイタリア料理シェフの堀江達也氏が監修し、商品名などは近隣にある多摩美術大学の学生が考案。乾麺タイプで原材料の一部に地産の小麦を使用し、緑区のせき製麺が製造している。

 製品は市内の飲食店で取り扱われているほか、南区のサガミックスなどで販売。昨年も販売元から同様の寄付が行われた経緯があり、今年は1月から9月までの売り上げの一部を市のコロナ対策支援金として寄せた。

 当日は販売グループの代表会社「S.C.D」の篠原博子代表や相模原スパゲッティ協会の和知達也会長、同会議所関係者らが市役所で寄付金を贈呈。本村賢太郎市長は謝辞を述べ、「日本一のスパゲティのまちをめざすという、とても良い取り組み」と語った。篠原代表は「売り上げものびているので、寄付も増やせる。市民の皆さんにもっと食べていただき、名物にもつなげていきたい」と話した。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

相模原駅伝 コロナで中止

「スポーツで地域を熱く」

ニューフェイス

「スポーツで地域を熱く」 スポーツ

広報担当 長澤彩子

1月20日号

22日、ホームでマツダ戦

三菱重工相模原

22日、ホームでマツダ戦 スポーツ

ラグビーリーグワン D2

1月20日号

「ナカムラ」 主催コンが発表

「ナカムラ」 主催コンが発表 文化

金賞に谷口陽和香さん

1月20日号

ヤクルト塩見さんが凱旋

ヤクルト塩見さんが凱旋 スポーツ

海老名リトルで交流

1月20日号

「D2優勝、1年で上へ」

注目選手【2】

「D2優勝、1年で上へ」 スポーツ

新加入 SH岩村昴太

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook