さがみはら中央区版 掲載号:2022年8月4日号 エリアトップへ

少林寺拳法 「息ぴったり」で県1位 金剛禅総本山少林寺 相模原道院日野原宏昭さん・海都くん親子

スポーツ

掲載号:2022年8月4日号

  • LINE
  • hatena
日野原海都くん(左)と父親の宏昭さん=7月20日撮影
日野原海都くん(左)と父親の宏昭さん=7月20日撮影

 上溝の少林寺拳法道場「金剛禅総本山少林寺相模原道院」(日野原雄次道院長)に所属する日野原海都くん(10)と父の宏昭さん(43)=矢部在住=が、7月3日に横浜武道館で行われた少林寺拳法神奈川県大会(県少林寺拳法連盟)親子の部で最優秀賞を獲得した。

 中学生以下の子と、親または祖父母が2人一組で1分から1分30秒の演武を披露し審査される親子の部。2人は息の合った演武で大技「一本背投」などを決め、出場24組で最高点を獲得した。

 県1位は2019年度以来2回目。昨年度は2位に終わり日野原くんは「悔しかった。今年は絶対に1位を取りたくて、家でも練習した。うれしい」と最優秀賞に返り咲いた感想を述べた。宏昭さんは「普段の生活でも息を合わせることを意識した。2人で1つの作品をしっかり作れた」と演武を振り返った。

 2人はそれぞれ祖父、父である道院長の雄次さんの影響で4歳から少林寺を始めた。日野原くんは少林寺の魅力を「お父さんと技を成功させた時がうれしい」と語る。宏昭さんは同道院で研鑽を積みながら、指導者としても地域の子たちに拳士の心得を説いている。

 11月に大阪府で行われる全国大会は順位の付かない発表のみの場となるが日野原くんは「難しい技に挑戦し高得点を出したい」と意気込み、宏昭さんは「県代表として神奈川のすごさを見せつけたい。また全国レベルの少林寺を見て子どもたちへの指導に生かし地域に貢献したい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

アマゾンを体験

ふれあい科学館

アマゾンを体験 文化

企画展 9月25日まで

8月11日号

清新中2年 小原さんが銅

女子レスリング

清新中2年 小原さんが銅 スポーツ

15歳以下アジア選手権で

8月11日号

K-1女子大会で勝利

田名塩田在住 RAN選手

K-1女子大会で勝利 スポーツ

8月11日号

初の祭りに笑顔咲く

上溝商店街

初の祭りに笑顔咲く 文化

夏祭りの来年開催も願う

8月11日号

子ども向け工作教室

よろずや

子ども向け工作教室 文化

8月13日・14日

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月11日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.55

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook