神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

市獣医師会 地域の獣医学発展へ 麻布大学と協定を締結

社会

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
川上学長、椿会長(中央)と関係者ら
川上学長、椿会長(中央)と関係者ら

 (一社)相模原市獣医師会と麻布大学(淵野辺)は、動物医療の充実や獣医師と学生の人的交流、研究・教育面での連携協力などに関する包括協定を締結した。1月18日、麻布大学で協定式が行われ、同会の椿直哉会長、同大学の川上泰学長ら関係者が出席した。

 同会は市内の動物病院や獣医師で構成され、地域における動物の健康と福祉に関する取り組みやペットの飼い主に向けた活動などを行っている。協定は連携協力を通じ、実践的な獣医学などの発展と社会貢献を目指すもので、ペットを含む獣医療の充実も期待される。

 同会は昨年、猫の獣医療に関する協力体制について相模原市と協定を締結した。

 椿会長は「市も含めた3者で連携し、人と動物の共生する未来を相模原で築き上げていきたい」と熱を込めた。また「若者がペットと暮らすという選択をしなかったり、高齢者が新たに飼うことが難しい」と地域課題に触れ、「学校でのセミナーなど教育も含めて力を入れていきたい」と話した。

 両者は今後、専門的な分野での協力や学生などの派遣・交流などを行い、地域社会の課題解決に向けて取り組んでいくという。

 麻布大学は今年4月、獣医保健看護学科を新設するほか、動物病院の増改築工事も完了する予定。川上学長は「これまでも協力してきたが、改めて協定をきっかけに、地域連携も含めて協力していきたい」と期待を込めた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全国大会控え意気込み

バドミントン

全国大会控え意気込み

淵野辺東小4年 鈴木さん

7月20日

国史跡50周年で記念事業

国史跡50周年で記念事業

南区磯部の勝坂遺跡

7月19日

田名、下溝で夏祭り

相模福祉村

田名、下溝で夏祭り

7月18日

今年の目玉は「手筒花火」

納涼花火大会

今年の目玉は「手筒花火」

本場豊橋から 「迫力」披露

7月18日

人気の「溝の朝市」

上溝商店街

人気の「溝の朝市」

7月21日開催

7月18日

「新日」が横浜で大会

がん撲滅チャリティー

「新日」が横浜で大会

8月8日、読者20人を招待

7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook