神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市 休日一時保育の登録開始 予約は3月から可能に

社会

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
休日一時保育を実施するエンゼルハウス保育園
休日一時保育を実施するエンゼルハウス保育園

 相模原市は橋本駅周辺の「さがみはら休日一時保育」事業の利用者の事前登録を1月22日に開始した。子育て世帯の負担軽減を目的に未就学児を理由を問わず預かる事業で、4月からの事業開始を前に市保育課の担当者は「多くの方に利用いただきたい」と登録を呼びかける。

 この事業は、子育てしやすい環境づくりにつなげることを目的に、「休日保育」と「休日一時保育」を実施するもの。同課によると、現在は休日保育と休日一時保育のサービスを提供している市内の認可保育所はなく、その一方で市には休日に子どもを預ける保育所についての問い合わせが複数あり、その必要性を感じていたという。

 そこで、未就学児が多く、新しいマンションの建設などで需要が見込まれる橋本駅周辺で事業の実施を決定した。今年度は運営法人の公募、事前登録を進め、来年度から本格的に事業をスタートさせる。

利用は4月から

 未就学児を受け入れるのはエンゼルハウス保育園(緑区橋本2の6の26)。利用開始は4月7日(日)以降の日曜日と祝日(12月29日から1月3日までの年末年始は除く)。利用には事前登録が必要で、市のウェブページや専用フォームから登録できる。事前面談を経て、正式に利用者登録となり、3月1日(金)から予約ができるようになる。

 利用区分は、平日に保育所などを利用している人が休日の就労などにより利用する「休日保育」、冠婚葬祭やリフレッシュ、地域活動などの理由で利用する「休日一時保育」。それぞれに利用要件があり、休日保育は最長11時間の利用が可能で、利用料金は在籍園への保育料に含まれるため別途料金は不要。休日一時保育は最長9時間の利用ができ、利用料金は1時間300円となる。利用定員はどちらの区分も1日10人。

 なお、市では同様の事業を相模大野駅周辺でも進めており、今後運営法人を決定し、来年度以降のスタートを予定している。

専用フォームへのアクセスはコチラから
専用フォームへのアクセスはコチラから

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

文科大臣表彰を受賞

てぶくろの会

文科大臣表彰を受賞

「読み聞かせ」続け27年

5月23日

青葉小跡地に公民館も

相模原市

青葉小跡地に公民館も

利活用の方針を公表

5月23日

組織力で公立校の星

相模原弥栄高女子バスケ部

組織力で公立校の星

春季県3位、全国出場めざす

5月16日

保育所申込みが過去最多

相模原市

保育所申込みが過去最多

待機児童は南区に7人

5月16日

22地区を「楽しく学んで」

市印刷広告協同組合

22地区を「楽しく学んで」

ゲーム開発で出前授業

5月9日

1市5町に「消滅可能性」

人口戦略会議

1市5町に「消滅可能性」

相模原「中間に位置付け」

5月9日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook