さがみはら南区版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • はてぶ

保護司として藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受章した 小川 みのりさん 相模台在 77歳

寄り添い 支えて21年

 〇…保護司として21年にわたり地域で活動。その功績が認められ、この春、藍綬褒章を受章した。保護司とは犯罪を起こした人たちが、地域社会で立ち直れるように支援する更生ボランティア。保護観察処分になった対象者や親を自宅に招き、助言や指導を行ってきた。これまでにも数多くの賞を受けてきたが「褒められるために保護司をしてきたわけではない。でも、人生で一度くらいはあってもいい経験でした」と明るく笑う。

 〇…12人兄弟の末っ子。長男との年齢差はなんと24歳。大家族で育った影響か、人の行為や行動に幼少期から関心が強かった。「家の中が『1つの社会』のようなものだったから、12人分の生き方の勉強をしてきた気がする」という。そこで形作られたぶれない性格と豊かな人生経験は、保護司の活動に役立っているようだ。

 〇…今年で結婚50周年。「先生のような存在」の夫と月に一度伊豆に旅行へいき、ゴルフは自分たちのペースでハーフラウンドを楽しむ。2人の息子、3人の孫に恵まれ「夏になると家族総出で自宅の庭でバーベキューをするのが恒例なんです」とほほ笑む。6月には家族が受章のお祝いパーティーを開いてくれるそう。それが今から楽しみだ。

 〇…保護司になるためには推薦と社会的信頼が必要。さらに活動内容も多岐にわたり、ハードルが高いイメージがある。そのため「担い手不足」が全国的な課題だ。9月に年齢による退任を迎えるが、活動を通して「向上心が芽生え、感性が磨かれた」と話す。また、担当した対象者から年賀状や結婚を報告する便りが来ることも。「大変なことも多いですが、やりがいも喜びも感じられる活動。一人でも多くの人に『保護司』に関心を持ってほしい」といきいきとした笑顔で語った。

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

日曜日でも健康診断ができます

相模大野駅徒歩3分 ヘルス・サイエンス・センター

http://hscsagami.or.jp

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

押木 優花さん

ノジマステラのチアリーディングチーム「Spica(スピカ)」でキャプテンを務める

押木 優花さん

10月11日号

土佐 誠さん

今季から三菱重工相模原ダイナボアーズの新キャプテンを務める

土佐 誠さん

9月6日号

川上 泰さん

麻布大学いのちの博物館(淵野辺)の館長を務める

川上 泰さん

8月30日号

久野 新一さん

今年「相模原納涼花火大会」の実行委員長に就任し、今週末の大会へ準備を進める

久野 新一さん

8月23日号

木下 賢治さん

設立10周年を迎えた「NPO法人音楽センター櫻(おう)の会」の理事長を務める

木下 賢治さん

7月19日号

榎本 はついさん

文部科学大臣表彰を受賞した読み聞かせの会「あいの会」を立ち上げた

榎本 はついさん

7月5日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク