さがみはら南区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

定額給付金 市が受付開始 早くて5月下旬に振込

政治

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として国民一人当たり10万円を給付する特別定額給付金について、相模原市は8日よりオンラインによる申請受け付けを開始した。併せて、専用のコールセンターを設置し申請に関する相談も受け付けている。給付は早ければ5月下旬から順次行われる見通し。市、県警は給付金詐欺についても警戒を強めている。

 申請方法はオンラインと郵送の2種類。

 オンラインはマイナンバーカードを使い、総務省が運営するサイト「マイナポータル」上の特別定額給付金の申請画面から申請する。5月10日時点で約9000件の申し込みが寄せられている。

 郵送申請は市から郵送された申請書の必要事項に記入し、返信用封筒で返送する。申請書については、「なりすましや二重給付の防止」や「配偶者暴力による被害者などへの給付準備」などが整い次第、5月30日から6月中旬ごろにかけて順次発送される。申請期限は9月中旬を予定。

 給付対象は基準日(2020年4月27日)の時点で住民基本台帳に記録されている人で、71万7756人。給付はオンライン申請の場合、早ければ5月下旬に行われる見込みだが、住民基本台帳との照合確認で不一致が生じた際は郵送申請よりも遅れることがある。郵送申請の場合は審査の完了後、早ければ6月中旬から給付の振込が開始される。市は専用のコールセンター(【電話】042・851・3091)を設置。申請相談などを平日の午前8時30分から午後5時までの間で受け付け、6月中に限り土日も対応する。ただし、感染拡大防止の観点から窓口での受付けは行わない。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

東海大相模が10年ぶりV

東海大相模が10年ぶりV スポーツ

春の選抜大会制す

4月8日号

ピアノ連弾、高齢者に届け

ピアノ連弾、高齢者に届け 教育

E-girlsがリモート演奏会

4月8日号

認知症の人が輝く場所に

認知症の人が輝く場所に 社会

相武台団地に対応型デイ

4月1日号

「がん患者の声、聞いて」

「がん患者の声、聞いて」 社会

ふくろうの会が体験文集

4月1日号

「新磯コンシェルジュ」発足

「新磯コンシェルジュ」発足 文化

歴史、文化を継承

3月25日号

飲食・宿泊業ら緊急要望書

飲食・宿泊業ら緊急要望書 経済

市や政党に現場の声訴え

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク